事業の歴史

オートモーティブ & インダストリアルシステムズ社-電池分野の歴史、それは電池が発展する歴史でした。

1968年~1978年(昭和43年~昭和53年)発展期2

1968年
(昭和43年)

ナショナル黄金カイロ(株)設立
ナショナルタイ(株)に蓄電池の工場を開設

1969年
(昭和44年)

「ナショナルネオハイトップ」発売 写真と資料を見る

1970年
(昭和45年)

フィリップス松下電池(株)設立
ニカド電池「パナニカ」発売 写真と資料を見る

1971年
(昭和46年)

第1回電池総合展東京と大阪で開催
フッ化黒鉛リチウム電池開発 写真を見る
パディトラクター(株)設立

1972年
(昭和47年)

辻堂と大阪に乾電池新工場竣工
ラカンパルナショナル(株)設立
インドナショナル(株)設立

1973年
(昭和48年)

酸化銀電池発売
和歌山琴の浦リハビリセンター付属福祉工場竣工

1974年
(昭和49年)

太陽電池時計発売
H.M.P(ホットメルトパッキン)開発

1975年
(昭和50年)

蓄電池事業部浜名湖工場竣工

1976年
(昭和51年)

電気ウキ用ピン形リチウム電池発売
メンテナンスフリーカーバッテリー「カレック」発売 写真と資料を見る
松下マイクロ電池(株)設立

1977年
(昭和52年)

包丁とぎ器発売
「パナピュール」開発

1978年
(昭和53年)

松下マイクロ電池(株)に新工場竣工
ごますり器発売 写真を見る
高効率乾電池NASライン開発導入 写真を見る

1979年~1988年(昭和54年~昭和63年)発展期3

1979年
(昭和54年)

松下電池工業株式会社設立 写真と資料を見る
 (松下電器産業(株)より分離、独立)
 東 國徳 社長就任

1980年
(昭和55年)

リチウム電池“毎日工業技術賞”受賞
伝統を誇る第25回甲子園乾電池サービス 写真を見る
補償付マンガン乾電池発売 写真を見る

1981年
(昭和56年)

アルカリ蓄電池事業部発足
乾電池事業部第三新館竣工
「反省と新たなる飛躍への集い」開催 写真を見る

1982年
(昭和57年)

リチウム電池コダック社へ大量OEM供給
東京エンジニアリングセンター発足
ビデオ用小形シール鉛蓄電池開発 写真と資料を見る
乾電池工場見学者、累計50万人を達成 写真を見る

1983年
(昭和58年)

アルカリ乾電池「ウルトラネオ」発売
辻堂に第二工場竣工(ニカド電池新工場)
テレビCM「ウルトラファイアマン」カンヌ国際広告 写真を見る
 映画祭など世界三大コマーシャル賞受賞
技術研究所開設

1984年
(昭和59年)

世界最小ピン形リチウム電池「BR211」発売
カーボンリチウム二次電池開発
サンシャイン計画、「太陽光発電工場用システム」
 浜名湖工場に完成

1985年
(昭和60年)

カメラ用リチウムパック電池発売 写真を見る
新型高容量ニカド電池「SMシリーズ」開発 写真と資料を見る
酸化銅リチウム電池を開発
カーバッテリー「カレックアクト」発売 写真と資料を見る
空気亜鉛電池、自社生産開始

1986年
(昭和61年)

太陽電池「サンセラムII」を世界初の量産・実用化開始
石橋 太郎 社長就任
カーバッテリー、生産累計3千万個達成
アルカリ乾電池、米国コダック社へOEM供給開始
蓄電池事業部、創業50周年感謝会を開催

1987年
(昭和62年)

松下ゴーベル電池(株)設立
太陽電池事業部発足
アルカリ乾電池「ウルトラアルカリ」、
 「パナソニックアルカリ」発売 写真を見る
太陽電池「サンセラムII」“毎日工業技術賞”受賞
米国コダック社との合弁会社、
 松下・ウルトラ テックバッテリーコーポレーション設立 写真を見る

1988年
(昭和63年)

アルカリ蓄電池事業部に新館竣工
新ショウルーム「バッテリーワールド」オープン

※社史史料の社名の表記は当時の名前で掲載しています。