カーバッテリー「カレックアクト」発売

カレックアクト写真

カレック・アクトの開発

カーバッテリが日本で生産されて半世紀以上になる。当社も当時着手して「半世紀ぶりのプレスリリースです」とのキャッチフレーズを掲げて、昭和60年(1985)「カレック・アクト」がデビューした。
従来のようにフリーな液がないため、漏液や溢液の心配がなく、発生したガスは、還元されて水に戻る反応機構によって寿命終了まで補水不要。扱いやすさと安全性によって、設置場所や角度を選ばず、ポジションフリー時代を先どりした新しい蓄電池ともいえる。
袋状マットセパレーターや、当社独特の充電特性に優れた格子合金を開発、共通空間設計による、セル間圧力の均等化、変形に強い材料と補強構造のコンピュータ設計、そして、把手をつけた全く新しいデザインなど、数々の特長を盛り込んでいる。
自動車専用として出発したが、その後その枠を超え、安価な電源として多方面で活用されている。

※社史史料の社名の表記は当時の名前で掲載しています。