事業の歴史

オートモーティブ & インダストリアルシステムズ社-電池分野の歴史、それは電池が発展する歴史でした。

1989年~2012年(平成元年~平成24年)さらなる発展期

1989年
(平成元年)

ニッケル水素電池開発 写真を見る

1990年
(平成2年)

コイン形バナジウム・ニオブ・リチウム二次電池開発

1991年
(平成3年)

部材事業部発足
年間販売高2千億円突破
アルカリ蓄電池事業部和歌山工場第一棟竣工
水銀ゼロ使用マンガン乾電池発売 写真を見る
アメリカ松下蓄電池(株)設立
「いのちの電池」の新聞広告が“朝日広告賞”グランプリ受賞
水銀ゼロ使用アルカリ乾電池の技術ノウハウをレイオバック社に供与

1992年
(平成4年)

電源機器事業部発足
水銀ゼロ使用アルカリ乾電池発売 写真を見る
M.B.Iテクノ道場開講
電気自動車(EV)用ニッケル水素電池開発 写真を見る
乾電池自社生産60周年を記念して「松下幸之助記念館」完成 写真を見る
                      ※2009年に閉館
アルカリ蓄電池事業部和歌山工場に第二棟竣工 写真を見る
堂西 司郎 社長就任
乾電池累計生産・販売500億個達成
水銀ゼロ使用アルカリ乾電池が通産省グッドデザイン選定
 “地球にやさしいデザイン賞”受賞
 “日経地球環境技術賞”受賞
アジア松下バッテリー(株)設立

1993年
(平成5年)

松下マイクロ電池(株)を合併しリチウム電池事業部として発足
ナショナルカイロ(株)を合併
EV電池開発センター発足
フィリップス松下電池(株)ポータブル二次電池事業部発足
中国に上海松下電池有限公司設立
乾電池JIS改定により使用推奨期限表示に変更
Jリーグライセンス乾電池発売
アジア松下バッテリー(株)当社の出資会社となる
アメリカ松下電池工業(株)設立
ポーランドフィリップス松下電池(株)設立

1994年
(平成6年)

リチウムイオン二次電池開発 写真を見る
バハカリフォルニア松下バッテリー(株)設立
瀋陽松下蓄電池有限公司設立

新東亜 有限公司設立

1995年
(平成7年)

リチウムイオン二次電池が“94日経優秀製品・サービス賞”で最優秀賞受賞
大電流パナソニックアルカリ乾電池発売
安陽松下炭素有限公司設立
ニッケル水素電池“Super300”開発 写真を見る
珠海松下電池有限公司設立

1996年
(平成8年)

新パナソニックアルカリ乾電池発売
パナソニックバッテリーインドネシア(株)設立
安田 幸伸 社長就任
アメリカ松下電池工業(株)リチウム電池事業部新工場竣工
ナショナルタイ(株)より分離独立し、タイ松下バッテリー(株)設立
パナソニックEVエナジー(株)設立 写真と資料を見る

1997年
(平成9年)

瀋陽松下蓄電池有限公司がシール形鉛蓄電池の本格生産を開始
松下ゴーベル電池(株)、松下電池グループ初の環境管理の国際規格「ISO14001」取得
松下電池工業(株)独自のホームページ開設
タイ松下バッテリー(株)製造・販売を開始
リチウム一次電池事業部とリチウム二次電池事業部発足
 (リチウム電池事業部より分割独立)
浜名湖工場で自動車用電池生産累計一億個達成
円筒形ニッケル水素電池「Super350」開発
ハイブリット自動車用ニッケル水素電池パックを開発 写真と資料を見る
小型EV用ニッケル水素電池モジュール「EV-28」を開発 写真と資料を見る

1998年
(平成10年)

メキシコ松下電池工業(株)設立
シール形据置鉛蓄電池「SUPER MSE」販売を本格化
UPS用ハイパワーシール形鉛蓄電池の販売強化
新角形リチウムイオン二次電池、業界最高水準のエネルギー密度を達成して発売 写真と資料を見る
コイン形リチウム電池「ペーパーリチウムセル」を開発
ハイパワーニッケル水素電池を開発
乾電池累計生産・販売800億個達成

1999年
(平成11年)

薄型リチウムポリマー電池を本格量産開始
メキシコ松下電池(株)で小型シール鉛蓄電池を生産開始
環境国際規格ISO14001、28地区すべてで取得完了
インドネシア2社が合併
 インドネシア松下・ゴーベル電池(MGBI)が発足 写真を見る
乾電池用炭素棒の累計生産・販売「2000億本」を達成 写真を見る
電気ウキ累計生産「4000万本」達成 写真を見る
CR系コイン型リチウム電池「ペーパーコイン」を新開発

2000年
(平成12年)

ブラジル松下電器(有)でアルカリ単3を生産 写真を見る
単6形ニッケル水素電池をシリーズ化して新発売
アドバンストEV用鉛電池を新発売
軽量角形リチウムイオン電池を開発
タイ松下電池(株)でアルカリ乾電池の生産を開始

2001年
(平成13年)

グローバルスタンダードサイズの角形リチウムイオン二次電池を開発
フィリップス社との欧州電池合併事業で株式譲渡引受け
無錫松下電池(有)設立 写真を見る
円筒型リチウム電池国内累計生産「10億個」を達成
乾電池累計生産・販売「1000億個」を達成

2002年
(平成14年)

ニッケルマンガン電池発売
石田 徹 社長就任
一次電池社と二次電池社発足

2003年
(平成15年)

植物系「生分解性プラスチック」を全面的に使用した乾電池のブリスターパックを開発
松下電池工業と新神戸電機が鉛蓄電池事業分野の業務提携で合意

2004年
(平成16年)

オキシライド乾電池を発売
無錫松下電池でリチウムイオン二次電池を生産開始
松下電池工業とYUASAがニッケル水素電池分野の技術提携で合意
パナソニックストレージバッテリー株式会社を設立
小型二次電池BUとシステム電源SBU発足
松下電池工業(株)と大日本印刷(株)がリチウム二次電池極板事業の合弁会社設立で合意

2005年
(平成17年)

オキシライド乾電池 単4形を発売
業界最高レベルのエネルギー密度600Wh/Lのリチウムイオン電池を開発
次世代電池を用いたノートパソコンの駆動時間延長技術をインテル コーポレーションと共同開発

2006年
(平成18年)

新燃料供給方式によりモバイル機器用燃料電池システムの小型化を実現
「オキシライド乾電池で有人飛行機を飛ばそう!」プロジェクトをスタート
エネルギー密度620Wh/Lの高容量リチウムイオン電池シリーズのノートPC向け供給を開始
大型ニッケル水素電池を用いた次世代電池電源システムの開発に着手
安全技術を搭載した業界初の高容量リチウムイオン電池の本格量産体制を確立

2007年
(平成19年)

リチウムイオン電池用の合金系負極を開発
近藤 正嗣 社長就任

2008年
(平成20年)

野口 直人 社長就任
アルカリ乾電池「エボルタ」を発売
ニッケル水素電池「充電式エボルタ」を発売
パナソニック㈱エナジー社発足

2009年
(平成21年)

高エネルギー・高信頼性のリチウムイオン電池モジュールを開発
3.1Ah高容量リチウムイオン電池を量産
高容量リチウムイオン電池を開発
直接メタノール型燃料電池システムの高出力化・高耐久化を実現

2010年
(平成22年)

住之江工場竣工
ニッケル水素電池「充電式エボルタe」を発売
乾電池グローバル累計生産1500億個を達成

2011年
(平成23年)

伊藤 正人 社長就任

※社史史料の社名の表記は当時の名前で掲載しています。