ブランドスローガン

A Better Life, A Better World

ブランドスローガンは、ブランドプロミスを端的に表現した言葉です。これからのPanasonic が、創業100 周年 となる2018 年に向けて従来のBtoC 事業からBtoB、BtoBtoC へとフィールドを広げていくために、何を大切にし、 どのように変わっていかなければならないのか、今後目指していく姿や方向性を、一言で表しています。

お客様のくらしに寄り添う「家電のDNA」を継承しながら、住宅、社会、ビジネス、旅、自動車など多様な空間・ 領域で、様々なパートナーとともに、お客様一人ひとりにとっての“より良いくらし” を追求し、拡げていく。そ して、地球環境への貢献をはじめ、グローバルに“より良い世界” の実現に貢献していく。そうした大きなメッセー ジをストレートに表しながら、BtoC およびBtoB ビジネスの両イメージを織り込んでいます。

ブランドスローガンの「Life」と「World」に込められた思い

「Life」は、私たちパナソニックのDNA です。創業以来、私たちは家電を中心にお客様のより良いくらし(=「Life」) をつくってきました。しかし、それだけでは人や社会へのお役立ちが十分とは言えない時代になっています。これ からのパナソニックは、住宅、社会、ビジネス、旅、自動車などといったくらしの空間すべて、すなわち「World」 へと事業を広げていくことが必要であることを示しています。「Life」は住空間やパーソナルにおけるBtoC の取り 組みを、「World」は非住宅空間やモビリティというBtoB への取り組みを表現しています。

「Life」と「World」を修飾する2 つの「Better」に込められた思い

「Better」には、私たちがビジネスに取り組むときには、時代の要請にかなった「より良い」価値を常にめざすとい う、“日に新た” の精神を忘れてはならないという思いが込められています。 「A Better Life」は文字通り、お客様一人ひとりの生活をより改善していくことを意味します。そして、「A Better World」は、BtoB におけるお客様企業が目指すWorld の実現を通じて、より良い世界を創造していくことを意味 しています。

「A Better Life, A Better World」の「A」に込められた思い

2 回繰り返す「A」には、一人ひとりのお客様と徹底的に向き合うという意味が込められています。パナソニック が目指す「A Better Life, A Better World」、つまり、真のより良いくらし、より良い世界は、常に一人ひとりの人々 の心や時代の変化をとらえ、“生成発展” しつづけることで実現されるということを表現しています。