パナソニック
クリーンエネルギー
ソリューション

石油や石炭など化石燃料の枯渇やエネルギー問題、地球温暖化など、人類の未来にはいくつもの課題が山積している。そんな中、電気を使用するエレクトロニクスメーカーの責務として、パナソニックが研究開発に取り組んでいるものの一つが「水素」エネルギー技術だ。
水素は、酸素と化学反応することで電気を生み出し、その過程では水しか排出しない。つまりクリーンで高効率、そしてカーボンフリーもめざせる、きわめて環境負荷の少ないエネルギーであることから、パナソニックは、20年以上にわたって研究を続けている。

[水素の特徴] サスティナブル 宇宙で最も豊富な元素、クリーン 燃焼すると水になり CO2を排出しない、高エネルギー 燃焼エネルギーが高い、貯蔵・運搬が容易※ ※電力と比較して、省エネ&地球温暖化防止 高効率で電気に変換 [水素の特徴] サスティナブル 宇宙で最も豊富な元素、クリーン 燃焼すると水になり CO2を排出しない、高エネルギー 燃焼エネルギーが高い、貯蔵・運搬が容易※ ※電力と比較して、省エネ&地球温暖化防止 高効率で電気に変換

水素による発電は、実はすでにはじまっている。パナソニックは2009年、都市ガスから取り出した水素を利用して、おウチで電気とお湯をつくる「エネファーム」を実用化。多くのご家庭や施設でご利用いただき、その普及に貢献してきた。

エネファーム

エネファームの
しくみについて詳しくは
panasonic.co.jp/ap/FC/index.htm

水素社会に向けた
取り組み

現在パナソニックは、おウチで手軽に水素を「つくる」「ためる」「利用する」ことができる水素社会の実現に向け、さまざまな取り組みを進めている。

水素を「つくる」「ためる」「利用する」のバリューチェーン全体で研究を本格化。

つくる つくる
ためる ためる
利用する 利用する

水素をつくる/ためる

将来技術の取り組みの一つとして、独自開発の光触媒と再生可能エネルギーである太陽光をつかって、水から水素をつくり出す「光水素生成材料技術(光触媒)」を研究中。「NEDOエネルギー・環境新技術先導プログラム」を活用して2030年頃の実現をめざすなど、水素製造技術のあらゆる可能性を模索している。さらに、高密度に水素を貯められる技術についても研究を進めている。

太陽光、光触媒、対極

将来技術
光水素生成デバイスのしくみ

太陽光が光触媒に当たることで、水を分解し、水素と酸素を生成。

水素を利用する

水素が家庭に供給される社会の実現を見据え、パナソニックは、水素から直接、より高効率に、そして低コストで発電できる「純水素燃料電池」の開発に取り組んでいる。再生可能エネルギーや次世代エネルギーの実証実験を行っている山梨県米倉山の施設「ゆめソーラー館やまなし」内に試験機を設置し、発電性能試験を2012年より実施してきた。今後も、性能検証の実験を継続していく予定だ。

水素社会の実現イメージ(2030年頃)

純水素燃料電池の普及・進化、
そして安価でカーボンフリーな水素製造により、
快適で安心な水素社会へ。

水素社会の実現イメージ(2030年頃)

純水素燃料電池の普及・進化、
そして安価でカーボンフリーな水素製造により、 快適で安心な水素社会へ。

クリーンであるだけでなく、非常時にも安定した電源が供給可能なことから、これからの住まいや社会を動かすチカラとして期待される水素エネルギー。その可能性を、パナソニックは、おウチからひろげていこうとしている。

A Better Life, A Better World