資源循環の取り組み

パナソニックはCO2の削減に並ぶ重要テーマとして資源循環を掲げ、「循環型モノづくり」を進めています。
循環型モノづくりには「投入資源を最小化し、再生資源を最大化する」「生産活動から出る廃棄物の最終処分量をゼロにする」という二つの取り組みがあります。これまでも製品の軽量化・小型化で、投入資源の削減に取り組んできましたが、同時に、新しいリサイクル技術の導入などにより、再生資源の回収量を増やし、その活用を拡大します。
資源循環をグローバルに広げることで、事業の継続的な成長と持続可能な社会への貢献を両立します。