新製品展示情報

デジタルカメラ LUMIX「DMC-FZH1」を展示

2016年11月18日

デジタルカメラ
DMC-FZH1
11月17日発売
1階ルミックスステーション大阪に展示

パナソニックは、大型1.0型センサーと光学20倍(24mm-480mm※1)LEICA DC VARIO-ELMARITレンズを搭載した、写真も動画も高画質に表現できるレンズ一体型デジタルカメラLUMIX DMC-FZH1を11月17日より発売します。

本製品は、大型1.0型高感度MOSセンサーと開放F2.8-4.5光学20倍(24mm-480mm)LEICA DC VARIO-ELMARITレンズを搭載し、広角から望遠まで高品位な写真や動画撮影を実現します。2014年にミラーレス一眼のハイエンド機として発売したDMC-GH4の性能を譲り受け、写真では、高速オートフォーカスの「空間認識AF」、秒間30コマ連写の「4Kフォト」や秒間約12コマのフル画素連写にも対応し、決定的瞬間を撮り逃しません。また動画では、4K動画撮影はもちろんのこと、高ビットレートフルHD動画記録や、HDMIモニタリングスルーにおいてカメラ本体で動画記録中に4:2:2 8bitの映像を同時出力できるだけでなく、動画記録をしない場合は4:2:2 10bit※2の映像出力に対応し、本格的な映像制作が可能になりました。光学性能では、全長不変のインナーズーム構成を採用したことでズーム時の像揺れを低減、滑らかな絞り制御や内蔵NDフィルターにより、快適な撮影を楽しむことができます。

当社は、高品位な写真撮影も本格的な映像制作も可能な本製品を、ハイブリッドレンズ一体型カメラの決定版として提案いたします。

パナソニックセンター大阪では、11月18日より、1階ルミックスステーション大阪に展示しました。
体験できる貴重な機会ですので、ぜひご来館ください!

※1:35mm判換算、3:2アスペクト時。
※2:10bit 4:2:2出力選択時、本体のSDカードへの記録はできません。