Re-Life Story リライフストーリー わが家を、オトナの溜まり場に

まずはおふたりの夢とお悩みをお聞かせください。週末、大人数の仲間が気軽に集まれる家にしたい。

私の仕事はグラフィックデザイナー。30代半ばの頃、独立して以来、自宅が仕事場です。平日の昼間は基本ずっとひとりで、休日になると、同じ境遇の仲間たちと、カフェやバーでわいわい過ごしていますが、この集まりをできれば自宅でやりたいと思っています。

お悩み

仲間を呼んでパーティをしたいけど、なかなかできる環境ではありません。

小さな部屋のひとつひとつには、利用価値も愛着もあるので、生かしたい。

夢

料理をふるまったりしながら自宅に仲間を呼んでパーティーがしたい。

平日は落ち着いたひとりの時間を楽しみたい。

実現した住まい
私たちコンシェルジュがご提案し、お客様とつくりあげたリフォームポイント 「動く壁」で休日は仲間とわいわいできる空間はいかがですか。

平日はひとりでリラックスし、週末、仲間が集まるときだけ壁を取り払うことで、リビングの周囲のキッチン、書斎、テラスまでもがつながり、ひとつの大きな空間に。リビングの中央に一段下がったスペース。新設した採光用の天窓から陽光が降り注ぎ、のびやかな気分に満たされます。「どうですか?」と、コンシェルジュが不安そうに尋ねるので、私は「図面を見たときよりも、感動の大きさが全然違う!」と素直に伝えました。こうして夢だった「オトナの溜まり場」計画がスタートしたのです。

Point1
リビング中央の一段下がったエリアはモダンスペース

採光用の天窓から陽光が降り注ぎ、のびやかな気分に満たされます。

Point2
リビングを囲む三方の壁はフレキシブルな「動く壁」

リビング周りのキッチン、書斎、テラスがつながり、ひとつの広い空間に変身。

Panasonic Center OSAKA
さまざまなご要望やお悩みに「ワンストップ」でお応えします。

リフォーム、不動産、ファイナンシャルプラン、シニアライフサポート、家電。様々な分野から、あなたの人生にふさわしい住スタイルを創造します。

「仲間との楽しい時間」のために・・・コンシェルジュにできること
リフォーム

フレキシブルな
空間づくりの提案

ファイナンシャルプラン

リフォーム資金の
ご相談

家電アドバイス

仲間が集まる時間を
快適にする家電

パナソニックセンター大阪では、13の暮らしのストーリーをリアルな空間でご体験いただけます。

「夢の古民家ライフ」「淡路島や琵琶湖でプチ隠居」など、ご覧のウェブページで紹介しているストーリーを、リアルな空間でご体験いただけます。ぜひご来場の上、暮らしの夢のイメージを広げてみてください。

その他のおすすめのストーリー

「動く壁」で見せたいところだけを見せる家に

自宅のバスルームを贅を極めた名旅館のお風呂に

歴史と現在の時間をグラデーションでつなぐ