Re-Life Story リライフストーリー アメリカンガレージハウス

まずはおふたりの夢とお悩みをお聞かせください。男くさいガレージを、夫婦のホビールームにリフォームしたい。

ぼくら夫婦の趣味はサイクリング。ふたりでサイクリングを楽しむために整備スペースも必要です。息子が大人になった時のために、駐車スペースは2台分確保していましたが、息子は車には興味を持たずに独立して家を出てしまいました。ずっと物置状態で見栄えの悪いガレージに、妻からも不満の声が出て困っています。

お悩み

子どものために作っていた駐車スペースが使われず持て余しています。

物が乱雑に置かれて見栄えも悪いガレージはシャッターもなく不用心。

夢

“男のロマン”と言われるガレージハウスを、ふたりのための空間にしたい。

自転車と好きな物に囲まれたホビールームとして使いたい。

実現した住まい
私たちコンシェルジュがご提案し、お客様とつくりあげたリフォームポイント 居住空間として考えられた、趣味を満喫できるホビールームはいかがですか。

リフォームしたのは、モルタル吹きつけだったガレージの天井と壁面を杉材でカバーし、あとはシャッターを付けたくらいです。ガレージが居住空間として再構築されたことで、俄然のびやかな空間になりました。ぼくはここで、自転車の整備をしたり、時には音楽を聴きながらお酒を飲んだりして過ごしています。壁面はオープン収納にしたので、ふたりが大事にしている自転車やアウトドアギアも美しくディスプレイできるようになり、ぼくも妻も大喜びです。

Point1
夫婦で趣味を満喫できるわくわくするガレージ

夫婦共通の趣味である自転車を中心に考え抜かれた空間。デザインもふたりの好みに合わせて徹底的にこだわり、実用性を考えて作業スペースを広く確保するなど、使い勝手をよくした。

Point2
ガレージとしてではなく居住空間として再構築されたホビールーム

単なる物置ではなく、趣味の部屋として充実した時間が過ごせるスペース。

Panasonic Center OSAKA
さまざまなご要望やお悩みに「ワンストップ」でお応えします。

リフォーム、不動産、ファイナンシャルプラン、シニアライフサポート、家電。様々な分野から、あなたの人生にふさわしい住スタイルを創造します。

「ホビールーム」のために・・・コンシェルジュにできること
リフォーム

ガレージをホビールームにする
アイデア整理

ファイナンシャルプラン

リフォーム資金の
ご相談

家電アドバイス

趣味をもっと楽しむ
家電

パナソニックセンター大阪では、13の暮らしのストーリーをリアルな空間でご体験いただけます。

「夢の古民家ライフ」など、ご覧のウェブページで紹介しているストーリーを、リアルな空間でご体験いただけます。ぜひご来場の上、暮らしの夢のイメージを広げてみてください。

その他のおすすめのストーリー

「動く壁」で見せたいところだけを見せる家に

自宅のバスルームを贅を極めた名旅館のお風呂に

歴史と現在の時間をグラデーションでつなぐ