Re-Life Story リライフストーリー 想い出とともに暮らす

まずはおふたりの夢とお悩みをお聞かせください。物が捨てられず、あふれる物に占領されて困っています。

夫婦そろって捨てるのが大の苦手。夫は雑誌やLPレコード、私はひとり息子の保育園からの図画工作、夏休みの絵日記も捨てられないほど。一軒家とはいえ、あふれる物に占領され、ここ10年友だちを家に呼べずにいたんです。

お悩み

夫婦そろって物を捨てるのが苦手です。

あふれる物に占領され、友を家に呼べません。

夢

ふたりの想い出を大切にできる暮らしがしたい。

すっきりした家に友人を招きパーティーがしたい。

実現した住まい
私たちコンシェルジュがご提案し、お客様とつくりあげたリフォームポイント 想い出も残せる賢い収納はいかがでしょうか。

見せる収納には、息子が生まれたときの手形と足形、オランダやスペイン旅行で出あった陶器、一目惚れした20年前のリトグラフ、そして季節感のある品物を飾ろうと計画。その代わり、お気に入りの本やCD、日用雑貨はすべて隠す収納へ。さらに、見せる収納部分にはLPレコード盤ぴったりの棚をつくり、常時4枚のジャケットを飾りました。いちばんうれしかったのは、玄関の壁面をシューズクローゼットにしたこと!部屋がすっきりしたことだから、まずはパーティを開いて、広々としたスペースと夫婦それぞれの部屋を披露したいですね。

Point1
捨てられない雑誌やLPレコードはディスプレイと収納がセットになった棚に収納

見せる収納と隠す収納をうまく使い分けることがポイント。子どもたちの工作などはギャラリーコーナーに。物を一時的に保管できる“とりあえずBOX”もつくりました。

Point2
財布、携帯電話、鍵など日常的に使用するものは部屋に入ってすぐの場所に収納

毎日の行動パターンに合わせて収納場所を設置。みんなが出し入れする食器のためには、定位置を決めた収納をつくり、TVリモコンなど、家族が毎日使うものはあえて出したまま並べて管理。

Panasonic Center OSAKA
さまざまなご要望やお悩みに「ワンストップ」でお応えします。

リフォーム、不動産、ファイナンシャルプラン、シニアライフサポート、家電。様々な分野から、あなたの人生にふさわしい住スタイルを創造します。

「想い出ギャラリー」のために・・・コンシェルジュにできること
リフォーム

効率のいい収納の
アイデア整理

ファイナンシャルプラン

リフォーム資金の
ご相談

家電アドバイス

生活がより豊かになる
家電

パナソニックセンター大阪では、13の暮らしのストーリーをリアルな空間でご体験いただけます。

「夢の古民家ライフ」など、ご覧のウェブページで紹介しているストーリーを、リアルな空間でご体験いただけます。ぜひご来場の上、暮らしの夢のイメージを広げてみてください。

その他のおすすめのストーリー

「動く壁」で見せたいところだけを見せる家に

自宅のバスルームを贅を極めた名旅館のお風呂に

歴史と現在の時間をグラデーションでつなぐ