イベントレポート

パナソニックセンター東京では、年間を通じて様々なイベントを実施しています。
ご来場やイベント申し込み前に、動画でイベントの様子をご確認いただけます。
ぜひ、イベント内容、会場の雰囲気をご覧ください。

TOKYO2020公認プログラム参加型アクティビティ「いっしょにTOKYOをつくろう。」プロジェクト発表会レポート

パナソニックセンター東京は、第32回東京オリンピック競技大会3年前となる7月24日に、参加型アクティビティ『いっしょにTOKYOをつくろう。』プロジェクト開始の発表会を行いました。また、同時に1階フロアを体験型にリニューアルいたしました。

このプロジェクトは2020年、世界中から東京を訪れた人に「ワクワクとドキドキでいっぱいの世界に誇れるTOKYO」を感じてもらうために、東京2020公認プログラムとして、次世代を担う子どもたちや未来を創る若者を含む多くの人たちに参画いただき、『スポーツ』『文化』『教育』をテーマとしたさまざまなアクティビティを2020年まで継続展開するものです。

TOKYO 2020 Worldwide Partner Panasonic TOKYO 2020 PARALYMPIC GAMES いっしょにTOKYOをつくろう。

発表会では、パナソニック スペースクリエイツ部の西貝より当社のオリンピック・パラリンピックの取り組みを、また、パナソニックセンター東京 浜崎がプロジェクト概要、1階フロアリニューアルについて紹介しました。
その後、江東区 山崎区長、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会アクション&レガシー担当 福田課長からパナソニックセンター東京と連携しながら次世代育成やコミュニケーションを深め、今後センターが担う役割に期待するとスピーチをいただきました。

アスリート、関係者の皆様と「いっしょにTOKYOをつくろう。」の思いを込めて記念撮影

発表会後半には、当社企業スポーツラグビー、バレーボールの選手、オリンピックの新種目サーフィンの選手、パラリンピック水泳の選手を招待し、スペシャルトークショーが行われました。
選手を代表して、当社企業スポーツバレーボール「パナソニック パンサーズ」の福澤達哉選手から「オリンピック・パラリンピック選手だけでなく、全国民の方々がチームジャパンの一員として大きなムーブメントを起こす、考えただけでもワクワクします。まさに今回のテーマの『いっしょにTOKYOをつくろう。』だと思います。皆さん、一緒に盛り上げていきましょう!」と思いを熱く語りました。

スペシャルトークショーの様子
パナソニックパンサーズ 福澤達哉選手

最後に来賓、アスリートと江東区の小学生、キッズプレスセンターに所属する福島の小学生と2020年への思いを込めてフォトセッションを行いました。

フォトセッションの様子

今回リニューアルした展示コーナーは、『スポーツ』『文化』(『教育』)をテーマとしたさまざまな体験型展示を展開。スポーツコーナーでは、東京2020オリンピック大会から正式種目となる競技体験を、文化コーナーでは「衣」「食」「住」をテーマとした展示を行っています。

スポーツ体験コーナーの様子
「文化のちから」コーナーの様子
スポーツ体験コーナーの様子
Active Learning Campの様子

パナソニックセンター東京では、東京2020大会に向けて、『いっしょにTOKYOをつくろう。』プロジェクト展開や1階フロアリニューアルを機に、オリンピック・パラリンピックムーブメント醸成を加速していきます。