新製品展示情報

4Kビエラ DX950シリーズ、DX850シリーズ等を展示

2016年4月14日

「TH-65DX950」
「TH-60DX850」
「TH-49DX850」

パナソニック株式会社は、大画面で4K高画質を楽しめるデジタルハイビジョン液晶テレビ“4Kビエラ”DX950シリーズ2機種(65V型、58V型)を4月22日より、DX850シリーズ3機種(60V型、55V型、49V型)を5月20日より、DX770シリーズ2機種(58V型、50V型)を6月24日より発売します。

DX950シリーズは、高輝度かつ従来比※1約4倍のエリア分割制御に対応したLEDバックライトシステムを採用。また当社独自の忠実色再現技術「ヘキサクロマドライブ」を進化させ、緻密な色域表現を可能にし、ビエラ史上最高画質を実現。今後更なる拡大が予想される高画質4Kコンテンツを存分に楽しむことを可能にしました。なお、本シリーズは国際的な映像品質を保証するプログラム「Ultra HD Premium※2」の認証を国内で初めて※3取得しています。

DX850シリーズは、映像と一体化した臨場感あふれるサウンドを提供する「ビエラ史上最高音質」モデルです。当社テレビとしては最大の100Wの高出力アンプに加え、ツイーター・ミッドレンジスピーカー・ウーハーを独立に構成する3Wayサイドスピーカーを採用。迫力のある低音と豊かな中高音を忠実に再現することにより、圧倒的な臨場感と空気感の表現を実現しました。

DX770シリーズでは、多様化するインテリアニーズや視聴スタイル、設置環境に合わせて4パターンから選べるスタンドスタイルを採用しました。部屋の雰囲気に合わせスタンドの形状を丸みのあるもの/エッジのあるものから選べたり、テレビボードやシアターバーなど接続機器などの有無に合わせてスタンド位置を内側/外側に変えたりすることができます。

パナソニックセンター東京では、発売に先駆けて、DX950シリーズの65V型、DX850シリーズの60V型、49V型を1階フロアに展示いたしました。
ぜひ間近にご覧ください。

※1:AX900シリーズ(65V・55V)との比較において。
※2:2016年4月7日現在、メーカー/映画スタジオなど世界35社以上が参加する「UHDアライアンス」によって策定された4K再生の映像品質を保証するプログラム。DX950シリーズは国内で初めて取得。
※3:2016年4月7日発表。