マジカルパフォーマンスシアター

展示内容の一部をご紹介しております。

原理・法則

- 正多面体 -

どうして正多面体は5つだけなんでしょう?

正多面体
  • 一つの頂点には3つ以上の面が集まらないと多面体はできません。
  • 一つの頂点に集まる角の和は360°未満でないと多面体はできません。
6角形以上の場合
5角形の場合
4角形の場合
3角形の場合

従って、多面体を構成できるのは下の5つになります。

正多面体

- 正多面体 2 -

円 楕円
放物線 双曲線

円錐(えんすい)を底面に平行な面で切断した断面は、円錐全てに接する並行でない面で切断した面は楕円、平行でない面で切断した断面は放物線、垂直な面で切断した断面は双曲線になります。
切断して得られた曲線を円錐曲線(えんすいきょくせん)といいます。

身近な事例

- 円錐曲線の応用事例 -

パラボラアンテナ

円錐曲線を利用した身近な例はパラボラアンテナが代表的です。
パラボラとは放物線を意味する言葉です。
放物線には、光や電波を1点に集める焦点とよばれるものがあるため、放物線上にバラバラに当った電波を効率よく受信することができます。

集光器

紀元前2世紀、ギリシャの数学者アルキメデスはローマを打ち破るために楕円鏡を利用して太陽光を集め船団を焼き払いました。
この集光器の仕組みを利用し、イタリアでは360個のパラボラ鏡を用いて太陽熱を集め、特殊な液体を550度まで熱して貯蔵する新しい発電システムが開発されています。