環境経営

21世紀の社会に貢献する環境先進企業を目指し、法遵守を基本に環境問題を先取りし、課題解決に向けた環境取り組みをグローバルに展開します。

パナソ二ックグループ 環境宣言

私達人間には宇宙万物と共存し、調和ある繁栄を実現する崇高な使命が与えられている。
 我が社はこの人間に与えられた使命を自覚し、企業としての社会的責任を遂行するとともに、この地球がバランスのとれた健康体であり続けるために環境の維持向上に万全の配慮と不断の努力を行う。

コネクティッドソリュ-ションズ社 環境方針

 我々は「パナソニックグループ環境宣言」に則り、「地球環境との共存」をあらゆる事業活動の前提に置き、「高循環型経営」を実践し、「地球環境保護」に継続的に取り組みます。

 我社は、重点事業領域を「流通・物流」「エンターテインメント」「パブリック」「アビオニクス」「製造」に定め、従来の商品軸の事業部体制から重点事業領域に沿った業界軸の事業部体制へと変革し、お客様のかけがえのないテクノロジーパートナーとなり、「A Better Life, A Better World」の実現に貢献していくことを目指します。

 また、事業活動による環境保護と汚染予防の重要性を認識し、環境マネジメントシステム(ISO14001認証、以降はEMSという)をツールに、全職能・全部署による本来業務(※)の完遂をベースにEMSによる経営貢献の考え方のもと、環境パフォーマンス向上とリスクマネジメント強化を図るとともに、「地球環境」・「社会環境」・「顧客環境」に配慮した事業活動を実践して、企業の社会的責任を果たして参ります。

 具体的には下記事項を事業課題の一環として、継続的に取り組みます。
※本来業務(全職能・部署の課題解決や業務効率を改善して環境負荷を軽減し、経営貢献する取組みのこと)

  1. 事業活動、製品及びサービスに関わる環境への影響を認識し、環境保護と汚染予防に努めます。
  2. 全職能・部門での「環境への負荷」を明確にし、業務課題の一環として、継続的改善に取り組みます。
  3. 環境関連法・規則・条例・協定などの「順守義務」に努めて参ります。
  4. 事業活動、製品及びサービスから、次の「環境重点課題」に取り組みます。
    1. 商品の使用時におけるCO2排出量の削減
    2. 工場における生産時のCO2排出量削減
    3. 資源循環の取組み
    4. 化学物質の適正管理と削減取り組み
  5. 地域貢献活動の取り組み
  6. 環境方針は進捗度合い、組織の状況を考慮して、毎年度見直しをします。
  7. 全従業員と関係会社様(構内で働いて頂いている全ての人々)へ、環境に関わる認識を高めるために、環境教育・訓練を実施します。
  8. この環境方針は、社内外での周知(環境Web掲載)を図り、公開致します。

2017年4月1日
パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社
社長 樋口 泰行

※2017年4月1日より、
 社名 パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 に変更

環境推進体制

環境保護推進体制