さっそく検分に行き、すっかり気に入った幸之助は門真の土地を買収した。ところが、土地を手にしたにもかかわらず、あることが気になって本格的な移転を決めかねていた。方角のことである。

「松下はん、門真ゆうたら大阪の鬼門やで。別のところで考えはったらどうです」「鬼門……だっか」

北東の方角は「鬼門」といって縁起がよくないといわれる。門真は大阪から見て北東にある。幸之助はそれが気になっていたのである。迷信と思いつつなかなか踏ん切りがつかない。ある日、悩んでいるうちに日本地図が頭に浮かび、はたと気づいた。

「まてよ、鬼門ゆうたら、日本じゅうが鬼門やないか」

日本の国は南西から北東に伸びている。ならば日本中が鬼門だらけである。「よし、ほんなら気にせんとこやないか」----。幸之助の気持ちは晴れた。それどころか、鬼門で大成功して迷信を打ち破ってやろうという気持ちが沸き上がるのを感じていた。

昭和7年も暮れのころ、幸之助は門真への大投資を決意した。世間からは「放漫経営だ」との声も聞こえたが、いったん決意した幸之助は意に介さなかった。