松下幸之助 生誕120年記念特別展「松下幸之助の目指したもの ~A Better Life, A Better World~」

[展示の概要]

展示の趣旨(PDF:100KB)

 ● 1932年(PDF:159KB)
  ・産業人の使命は貧乏の克服
  ・250年かけて楽土の建設を目指す
  ・感激の命知元年5月5日

 ● 1951年(PDF:248KB)
  ・アメリカのように豊かな国にしなければならない
  ・限りなく優良品を世の中に そして豊かな電化生活を人々に
  ・5カ年計画で電化ブームを牽引、豊かな日本の実現を目指す

創業者の映像 ― 創業者、「志」を語る

・我々の活動は、世界の繁栄、人々の幸福のためにある(1959年5月 創業記念式典)
・松下政経塾設立の思い~この国の将来のために(1984年2月 松下政経塾 塾主講話)

■ 「A Better Life,A Better World」を目指して

事業活動を通じて(PDF:632KB)

 ● 配線器具 ― 創業者の志は、世界のくらしを支える商品へ

・よい品をお求めやすい価格で ― パナソニックの始まりは配線器具から
・物品税撤廃運動で配線器具普及の扉をひらく
・適正配線運動で安全な暮らしを牽引
・皆さんの活動が、私の長命の原動力

 ● パナタウンの街づくりこそ、救国の事業である

・戦前からの夢、住宅事業のスタート
・たった一つだけ、自分自身がやってみたい事業がある
・色紙『日本の家』に込めた「パナホーム」への思い
・この仕事をおいて何の仕事をするか、これしかない

 ● 将来の自動車需要を見越し、蓄電池事業へ進出
 ● 電気自動車の将来性に夢を馳せて
 ● これが安くできたら、世の中の人は喜ぶやろうな
 ● 家庭への普及に拍車をかけたナショナルテレビ
 ● 「その国の繁栄に貢献する」経営理念に基づき海外事業を展開
 ● 21世紀はアジアの世紀、大きな視野で中国の発展に協力しなければならない

■ 科学を通した人類の平和と繁栄を願い
 「JAPAN PRIZE(日本国際賞)」創設に貢献

理念の研究・普及・実践を通じて(PDF:454KB)

・「繁栄によって平和と幸福を」、PHP研究所を創設
・思いを訴えるため、2カ月で32カ所に出向く
・人間研究の集大成「人間を考える ― 新しい人間観の提唱」を出版
・1000万部普及したい ― 「道をひらく」への思いを語る

・21世紀のリーダー育成を目指し、私財を投じて松下政経塾を設立
・基本理念づくりへのこだわり
・命をかけた開塾式
・創業者は塾生に何を伝えようとしたのか
・究極の目的は全人類の幸せにある

■ 津賀社長インタビュー映像

「創業者に学ぶ“A Better Life, A Better World”」