活躍する社員紹介/Staff Introduction

Nursuhana Alauddin

写真:Nursuhana Alauddin

氏名

Nursuhana Alauddin

所属

パナソニック マニュファクチャリング マレーシア株式会社

入社年

出身国

2007年2月2日

マレーシア

留学した大学

名古屋工業大学

Q1 現在の仕事内容について教えてください。

現在、キッチン器具部門のエンジニアとして働いています。13人いるメンバーのサブリーダーです。私のチームはミキサー、ジューサー、フードプロセッサを開発しており、これらは新型モデルとトランスファーモデルとに分類されます。日本の事業部からのサポートにより、白紙の状態から製品を設計し、設計の段階から大量生産の段階まで開発全体のスケジュールを管理しています。一般に国内市場用のものですが、日本、中東、南東アジア、ロシアなどの国に輸出されるものもあります。

Q2 社内の雰囲気を教えてください。

現在在籍しているのは製品開発エンジニアリング部というところで、このなかでキッチン器具、ホームシャワー、電気掃除機などのセクションに分かれています。各セクションに日本人アドバイザーがいて、エンジニアはすべて現地人です。エンジニアリングはPMMA社(パナソニックマニュファクチャリングマレーシア株式会社)で最も重要なセクションであり、他の人たちよりももっと製品を理解している必要があります。新しいモデルプロジェクトが立ち上がれば、開発全体の流れを学ぶことができます。ただ毎日の帰宅が遅くなりますが。
従業員の大部分が現地人ですが、厳密に会社規則に従い、仕事を通じて日本の文化を理解しようとしています。言語は大きな障壁になりますが、日本語クラスが用意されています。従業員のほぼ全員が日本語で問題なく意思疎通できるように、PMMAは熱心に取り組んでいます。

Q3 日本での留学経験がお仕事にどのように生きていますか?

日本の言葉、人、食物、文化のすべてが好きです。日本での4年間の経験が今の仕事にとても役立っています。会話や読み書きで問題なく日本語が使えるので、日本の上司や日本側との意思疎通がとてもスムーズです。日本のことにも精通していますし、さらにスキルを磨くべく努力しており、話せない人のために通訳をすることもあります。これにより日本サイドに私の存在をアピールでき、さらなる信頼につながっていると思います。礼儀正しさと他人への思いやりが、私の知るなかで最も優れた日本の文化だと思います。これを念頭に協調性をもって仕事するようにしており、必要なときにはほかの人をサポートするようにしています。

Q4 これからの目標や夢を教えてください。

キャリアを積むために、短期目標と長期目標のふたつを設定しています。短期目標では、2004年の仕事開始時点から5年で上級管理者になることでした。幸いにそれはすでに達成でき、SE2になっています。あと4、5年で、セクションのチームリーダーになり、管理者として働きたいと思っています。さらに、日本の人たちと良好な関係を作り、エンジニアとしてもっと多くの知識を身につけたいと思っています。また、日本で働き、設計技能を磨いた後にPMMAに戻り、新しいエンジニアに自分の経験を伝えられるようになれたら…と思っています。現在私は日本、南東アジア諸国、ロシアなどとの関係を広げようとしており、将来私のチームの仕事に役立つような良好な関係を結ぼうと計画しています。長期目標は、どこかのパナソニックの会社で取締役になることです。そのために、設計、製造、ビジネス、マネジメントなど、まだまだ多くのことを学ぶ必要があります。

Q5 パナソニックグループ現地法人を志望される方にメッセージをお願いします。

パナソニックの一員であること、さらにパナソニック製品開発者の一員であることを誇りに思っています。パナソニックで仕事がしたいなら、社会に貢献し、自分の行動に責任をもち、チームワークを大切にし、仕事に献身的でなくてはなりません。工学的なバックグラウンド、特に機械や電気関係の経歴がある人たちは、製品を設計するなかで自分の知識を応用しつつ、理解を深めることができます。安全性を備えると同時に、顧客にとって使い勝手の良い製品を設計することはとても難しいです。大事なポイントとして挙げられるのは経験豊かな人に教えてもらい、各ステップを理解することです。日本語ができればなおのこと、信頼されるパナソニックのエンジニアになるための大きな武器となります。パナソニック製品の開発の流れを完全に理解する能力があれば、パナソニックブランドを市場や世界でさらに高めることができるでしょう。

Photo:Nursuhana Alauddin

Name

Nursuhana Alauddin

Company

Panasonic Manufacturing Malaysia Bhd.

Join the Company

Nationality

February 2, 2007

Malaysian

University Attended in Japan

Nagoya Institute of Technology

Q1 Please explain about your current job.

Currently I work as an engineer in the Kitchen Appliances Business Unit. I am a sub team leader in the Kitchen Appliance Section, which consists of 13 members. My team and I develop products such as blenders, juicers and food processors, which are classified as new models or transfer models. With support from the Business Unit in Japan, I design products from scratch and control the total schedule of development from the design stage through to mass production. The products are all generally for the domestic market, but also for export to destinations such as Japan, the Middle East, Southeast Asia and Russia.

Q2 How is a working atmosphere and culture of your company?

I work in the Product Development Engineering Department. It consists of several sections based on product type, such as Kitchen Appliances, Showers, Vacuum Cleaners, etc. There are Japanese advisors who support each section and all engineers are local persons. Engineering is the most important section in PMMA and the engineers must understand the products more than others. When there is a new model project you get to learn the total development flow, but you have to stay very late every day. Even though most of the employees are local people, they strictly follow company rules and try to understand Japanese culture as part of their work. Language can be a great barrier, but there are Japanese classes for non-Japanese speakers. PMMA strives to ensure that most employees can speak Japanese to avoid communication problems.

Q3 How does your experience in Japan help or affect to your current job or career?

I love everything about the language, people, food and culture. Four years of experience in Japan really helps me to survive in this job. I can speak, read and write Japanese fluently and it is easy for me to communicate with my Japanese supervisors in Malaysia or staff in Japan. I am very familiar with Japanese, and I manage to improve my skills and help others to communicate well by interpreting for them. I also gain the trust of the Japanese, who can see what I bring to this company. Politeness and helping others are the best things I've learned from the Japanese culture, and based on that I try to create a workplace atmosphere of harmony, ready to help others if needed.

Q4 What is your dream or goal in your career?

For career development, I had two goals, a short-term one and a long-term one. For the short term I aimed to become a senior executive in five years starting from 2004. Fortunately, I've already achieved it and now I'm a Senior Executive (SE2). In another four to five years I want to become a Team Leader in my section and act as a Manager. Also, I want to build a good relationship with the Japanese and gain as much knowledge as possible as an engineer. I am also interested in working in Japan to gain design skills, then returning to work at PMMA to share my experience with new engineers. Currently I am trying to expand and maintain relationships with people in Japan, Southeast Asia, Russia, etc., to make my team's job easier in the future. For the long term, my ultimate dream is to become a director of a Panasonic company. For that, I still need to learn a lot of things about design, manufacturing, business and management.

Q5 Please send a message to the people interested in working for Panasonic group.

Being a part of the Panasonic family is a privilege and I am proud to be a Panasonic product designer. Those who want to work for Panasonic must be ready to contribute to society, be responsible in whatever they do, and be good team players dedicated to their jobs. For those with engineering backgrounds, especially mechanical and electrical, they can apply their knowledge and enhance their understanding while designing products. It is very difficult to design a product that is very safe and easy to use. The main point is to learn from more experienced personnel and to understand each step. Having the ability to understand the Japanese language helps to show your respect for the engineers at Panasonic. With the opportunity to fully understand the flow of development at Panasonic, you can take the Panasonic brand to the next level in markets around the world.