他社の追随を許さないシェアNo.1の二次電池

オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社(車載用二次電池)

電池でクルマの未来創造に貢献
大きな夢を共に追いかける仲間を集めたい

2018年度売上高10兆円を目指し、BtoC分野からより収益性の高いBtoB分野へと事業の拡大を推し進めるパナソニック。とりわけ重要なターゲットとなるのが、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)といった環境対応車の普及により爆発的に需要が伸びている車載電池の分野だ。この分野で世界トップクラスの技術力と市場シェアを誇る同社は、同業他社との激しいグローバル競争を勝ち抜き、リーダーとしての地位を盤石とするために、現在、どのような取り組みを行っているのか?そして、その中で新たに求められる人材像とは?車載電池事業を率いるビジネスユニット長に話を訊いた。

お客様である自動車メーカーから “選ばれ続ける”ことが何より大事

パナソニックでは、環境対応車に向けた車載用二次電池として、ニッケル水素電池とリチウムイオン電池の開発を行っている。このうち現在、市場で主流となっている車載用リチウムイオン電池の主要開発拠点となっているのが、兵庫県加西市にある加西事業所だ。この事業所内で電池の材料開発からセルの開発・生産、さらに複数のセルを組み合わせてのモジュール化に至るまで一貫して行う体制をとっており、顧客は日本のみならず海外も含め、主要自動車メーカーのほぼ全てに及ぶ。

パナソニックはこの車載用リチウムイオン電池において、世界No.1のシェアを獲得し続けている。同社の強みを、車載電池ビジネスユニットを率いる花田浩一氏は次のように語る。
「お客様である自動車メーカーと、ニッケル水素電池の時代から長年にわたり連携しながら開発を行い、電池に最も求められる“安全性”と“品質”の両面でご期待に応え続けてきました。その信頼と実績の積み重ねが、我々にとって最大の優位性になっています。技術面では、特に電池の材料技術と、高品質の製品を大量に生産するための生産技術。これらの技術は歴史に裏打ちされたもので、他社が容易に追随できるものではないと自負しています」

近年、欧米の厳しい環境規制をクリアするため、自動車メーカー各社は環境対応車の開発に社運を賭けて取り組んでいる。当然、最重要デバイスの1つである車載電池についても、自動車メーカーからの要求レベルは高まるばかりだ。
「やらなくてはならないことの筆頭が、リチウムイオン電池のさらなる高容量化。1つあたりの電池の容量を高められれば、走行距離を長くできるとともに、電池ユニットをコンパクトにすることで車両の軽量化、車内スペースの増大にも寄与できます。ただし、高容量にすると安全性の担保が難しくなります。その背反をいかにクリアするかが、同業の電池メーカーとの競争に打ち勝つカギを握ります。また、高品質な製品を、より速く、低コストで造れるようにする生産技術の革新も必須。電池ユニットの単価を下げられれば、車両価格も下げられ、環境対応車の普及にさらなる弾みをつけられます」

これまで環境対応車は主に先進国に向け展開されていたが、今後は中国をはじめとする新興国にも普及が進むと見られる。市場はますます広がるばかりだ。
「そうした中、我々としては “お客様から選ばれ続ける”ことが大事。新車の開発サイクルは4年程度。いったん競合他社にお客様を奪われれば、その間、お客様から生の声を聞くことができなくなるからです。今まで以上にお客様に密着するとともに、お客様のグローバル展開に合わせた対応をしていくことが求められます」と花田氏は力を込める。

多様な分野の発想を集めて電池にブレークスルーを起こしたい

巨大な市場規模が見込める車載電池の開発競争は、パナソニックにとって“絶対に負けられない戦い”だ。社内からの期待が大きい分、プレッシャーもあるが、日々の業務の中ではそれを上回る圧倒的なやりがいを得られていると花田氏は語る。
「世界中の自動車メーカーから、各社がどのようなクルマの未来を創り上げようとしているかという話を直接聞き、『だからこういう電池がほしい』という声に応えることで、自分たちもその未来の実現に貢献できます。こんなにワクワクすることはありません。内燃機関を使う自動車が登場して百数十年。今、EVなどの登場により、自動車に大きなパラダイムシフトが起きており、まさにそのタイミングで自分たちの持つ技術が必要とされている。エンジニアとして幸せに感じない人はいないでしょう」

一方、自動車メーカーの要求レベルに応え続けるためには、さらなるマンパワーの強化が不可欠だ。パナソニックでは今、車載用リチウム電池開発に新たに加わってくれるキャリア人材の採用に徹底的に注力している。電池セルそのものの開発からバッテリーシステムの開発、生産技術に至るまで、求める人材の幅は広い。
「いずれの業務でも、チャレンジ精神や困難から逃げない粘り強さを持っていることが一番大切。電池のバリエーションが増え、1人ひとりが開発を引っ張っていくことが求められるため、高いリーダーシップを備えていることも不可欠です。さらに単に電池のことだけを考えるのではなく、その先にあるクルマ、さらに車社会と、広い視野で物事を考えられる人であればベストですね」と花田氏は期待を込める。

電池以外の分野からの人材も大歓迎だ。特に生産技術では、家電やAV、自動車、食品など様々な分野で培った設備関連の知識を存分に発揮できる。
「私自身、長年、カーオーディオなどの生産技術畑を歩いてきて、電池に関わっているのはここ数年ほど。しかし、だからこそ違った視点から電池開発を見られる面もある。多様な分野の発想を集めて車載電池にブレークスルーを起こしたいのです」と花田氏は強調する。

顧客である自動車メーカーが世界中にあるだけに、海外出張などの機会も豊富。グローバルに活躍したいというエンジニアにも最高の環境だ。
「我々は“電池で世界を変えたい”と本気で思っている。ぜひとも仲間に加わって、その大きな夢を一緒に追いかけてほしいですね」と語る花田氏。この熱いメッセージに共感したエンジニアは、今すぐ応募してみてはいかがだろう。

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 二次電池事業部 車載電池ビジネスユニット ビジネスユニット長 ビジネスユニット長 花田 浩一氏

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
二次電池事業部 車載電池ビジネスユニット
ビジネスユニット長
花田 浩一 氏

1989年、松下電器産業に入社、松下通信工業(現パナソニック)に配属。樹脂設計金型の生産技術開発を皮切りに、以後、長年にわたり生産技術分野の業務に従事。2003年からはカーオーディオなどを製造する松本工場にてモノづくり革新のチームリーダーを務める。2006年、メキシコ現地法人の社長に就任。続いて2011年からチェコ現地法人の社長を務める。2013年より現職