会社を知る

パナソニックは継続的に社会の進化に、世界中の人々の幸福に貢献する
より良い生活、より良い世界を創造していきます。

経営理念

経営理念

私たちの使命は、生産・販売活動を通じて社会生活の改善と向上を図り、世界文化の進展に寄与すること―――。
綱領は、パナソニック・グループの事業の目的とその存在の理由を簡潔に示したものであり、あらゆる経営活動の根幹をなす「経営理念」です。
昭和4年、創業者の松下幸之助が制定して以来、現在に至るまで、私たちは常にこの考え方を基本に事業を進めてきました。また、海外事業展開にあたっても、その国の発展のお役に立ち、喜んでいただけることを第一義としてまいりました。
社会、経済、産業…あらゆる面で大きな転換期にある今日、“社会の発展のお役に立つ”企業であり続けるために、パナソニック・グループは今後も経営理念に立脚し、新しい未来を切り拓いてまいります。

綱領

カンパニー・事業部

カンパニー・事業部

パナソニックの事業運営は、4つのカンパニー体制を骨格とし、それぞれのカンパニーに属する事業部が、担当する事業の開発・製造・販売の責任を負う「事業部基軸の経営」を推進しています。
パナソニックは成長戦略の実現に向けて、それぞれの事業部経営を進化させると共に、各カンパニーや本社の各部門との連携のもと、事業部を超えた新規事業の創出にも積極的に取り組んでいきます。

アプライアンス社 アプライアンス社

パナソニックグループのアプライアンス分野における幅広い商品の開発・生産・販売を担当しています。白物家電、AV家電、美容・健康商品などのB to C事業や業務用冷熱機器、デバイス、エネルギーなどのB to B事業をアプライアンス社の事業領域とし、家庭からオフィス・店舗に至る、幅広い空間に対応した商品・ サービスを提供しています。商品を支えるコア技術の研究・開発、ライフスタイルに合わせた徹底的な生活研究によるお客様視点の商品企画、信頼性・効率性の高い生産システムなど、常に一歩先を行くモノづくりを通じて、世界中の「より良いくらし」「より良い社会」の実現に貢献していきます。

アプライアンス社

扱う商品

●個人向け商品
AV家電、調理家電、家事家電、美容・健康商品、空調など
●法人向け商品
大型空調、店舗用ショーケース、燃料電池、デバイスなど

部門の情報はこちら

エコソリューションズ社 エコソリューションズ社

私たちは、人々のくらしに関わる住宅や、ビル・公共エリアなどの非住宅空間を対象に、今まで培ってきた快適環境を創造する技術や、エネルギーをコントロールする技術を生かし、世界中の人々が、環境負荷を軽減しながらも、快適に暮らせる空間を実現します。
パナソニックグループの製品群の最大活用はもとより、エンジニアリング・サービスなどソリューションのご提供により、これまでにない新たな価値を生み出すことで私たちの事業使命を実践していきます。

エコソリューションズ社

扱う商品

●個人向け商品
HEMS、太陽光発電、LED・照明器具、配線・情報セキュリティ、キッチン・バスルーム・トイレ など
●法人向け商品
太陽光発電・蓄電システム、照明器具、電設資材、住宅設備・建材、介護関連機器・サービスなど

AVCネットワークス社 AVCネットワークス社

AVとICTの融合による独創的なデジタル技術力をベースに「映像・イメージング」「モビリティ」「コミュニケーション」「バーティカルソリューション」の4つの基幹事業において企業・法人向けソリューションの提供を推進しています。機器・デバイスのみならず、特長ある商品を軸としたシステムインテグレーション・施工、保守やクラウドコンピューティングを活用したサービスなどをグローバルに提供し、世界中の「ひと」がより快適で、より安心して暮らせる社会創りに貢献しています。新たなイノベーションで社会の課題を解決する、それが私たちの目指す「BtoBソリューション」です。

AVCネットワークス社

扱う商品

●個人向け商品
デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、ウェアラブルカメラ、コードレス電話機、ドアホン、ノートパソコン、SDカード など
●法人向けソリューション
映像・放送機器およびシステム、監視・防犯システム、業務用端末、航空機内エンターテインメントシステム、社会インフラシステム など

部門の情報はこちら

オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社

車載インフォテインメント関連機器、車載エレクトロニクス、車載電池、蓄電システム、電子デバイス、生産設備システム、溶接ロボットなど幅広い事業領域を担っており、「車載」「産業」「ICT」分野を軸に、お客様の価値向上を目指しています。独自のコア技術をベースに、お客様の潜在ニーズを「先読み」するマーケティング活動と、パッケージでのシステムソリューション提案による「クロスバリューイノベーション」を通じ、安全・安心はもちろんのこと、エコでスマートな暮らしの実現に貢献していきます。

※ICT:情報通信技術(Information and Communication Technology)

オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社

扱う商品

●個人向け商品
カーナビ、電池 など
●法人向け商品
電池、デバイス、ファクトリーオートメーション、溶接ロボット など

先端研究本部 先端研究本部

本社の研究所として、「新事業を拓き、お客様が驚くようなより良いくらしや社会、世界を築くことに貢献する」をミッションとし、革新的な技術の研究開発に挑戦しています。
我々は、人工知能・ロボットが人と共存し、人が自分自身や空間を健康で安全安心に制御できるような世界を想定しています。未来は地球温暖化が解決されたカーボンフリー社会で、移動手段(モビリティ)の革新により誰もが自由に移動できるようになっているでしょう。
このような社会の実現に向けた新事業を拓くために、当本部では以下のような革新的な技術の研究開発を行っています。
①「AI×デバイス・アクチュエータ」で暮らしやビジネスを革新するシステム・ロボット技術
②ヒト・空間の状態を可視化する革新的センシング技術
③カーボンフリー社会を実現するクリーンエネルギー技術
④モビリティの世界を変える次世代電池技術や、設置場所を選ばない超軽量太陽電池技術 等

先端研究本部

重点研究分野
1.人工知能/ロボティクス分野
2.デバイス分野
3.環境・エネルギー分野
4.材料分野

部門の情報はこちら

生産技術本部 生産技術本部

世界中のお客様の暮らしを事業を通じて豊かにするために、お客様が望まれる価値 ある製品を環境に配慮しつつ生産するためのモノづくりの技術や生産設備、それを支える技術や技能といった要素が、常に世界最高レベルでなければなりません。
生産技術本部は、『ハード生産技術』と『ソフト生産技術』を基軸とする卓越した生産技術力により、モノづくりイノベーションをリードしてグループ経営に貢献します。

IR情報はこちら