採用WEBマガジン「PR」Vol.2

Topics~パナソニックの今~

パナソニックのショッピングサイトがリニューアルオープン

パナソニックでは、2000年より一般のお客様にパナソニック商品をお届けするショッピングサイトの運営を行っていましたが、2014年1月にリニューアルし「Panasonic Store」として新しいショッピングサイトに生まれ変わりました。

キャンペーン企画・コラボレーション企画満載のPanasonic Storeにご訪問ください!

Work~注目の仕事~

2014年度キャリア採用 募集職種が決定しました!

さて、既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、2014年度の募集職種をホームページに掲載いたしました。

パナソニックでは、2013年9月からブランドスローガンを「A Better Life, A Better World」とし、住宅、公共、航空機、自動車産業など、さまざまな空間、領域にお客様の「いいくらし」を拡げていく取り組みを推進しています。
特にキャリア採用においては、エネルギーやクラウドなどによって貢献できる住宅産業と自動車産業をはじめとするB to B事業を中心に、幅広いフィールドでの職種での採用を実施。
2009年以降、事業再編などにより厳選採用を行っていましたが、2014年度は100名規模の採用計画を立て、さまざまな強みを持つキャリア人材の採用を積極的に行ってまいります。
パナソニックを本当の意味で復活させるためには、さまざまな強みをもつキャリア人材の皆さまの力が必要です。
「新しいパナソニックを創っていきたい」というチャレンジ意欲のある皆さまからのご応募をお待ちしております。

主な募集職種

【機械】
レーザー装置・車載電装品の構造設計・解析技術、冷蔵庫の機構設計、産業用モータの機構設計

【材料】
モータ用磁性材料開発

【環境関連】
ヒートポンプ開発、燃料電池システム開発

【クラウドサービス】
音声認識・音識別技術開発、サービス企画・推進・アプリ開発

【品質保証】
車載用部品の品質保証

【営業】
車載電装品の技術営業、産業用モータの海外営業・セールスエンジニア

【その他】
知財・法務・デザイン

Figure~数字の裏側~

21.7年

女性の平均勤続年数※

パナソニックでは、グローバルビジネスの中で活躍し、成長する人材を強化するとともに、年齢や性別・国籍に関わらず社員一人ひとりがそれぞれの強みを存分に発揮できる組織風土づくりが不可欠だと考えています。そのため、多様性の推進を重要な経営施策のひとつとして位置づけ、意欲と能力をもつ多様な人材に幅広く活躍の機会を提供するとともに、働きやすい環境づくりに積極的に取り組んでいます。そういう取り組みのおかげで、女性の勤続年数も男性とほぼ同じまで伸びました。ちなみに男女雇用機会均等法が施行された1986年には、わずか6.3年でした。実に3倍以上ですね。
※当社および国内主要関係会社(ただし、三洋電機は除く)の合計。(2013年3月時点)

29%

海外会社社長に占める現地社員比率※

従来「日本」「海外」それぞれ別々に推進してきた幹部開発システムを、幹部候補者の人選基準や幹部開発研修など、グローバルで統一し、年齢・性別・国籍に関わりなく、最適任者の発掘、育成、計画的なキャリア開発を加速しています。また、国や地域を越えたビジネスの推進を担う、連携の核となるリーダーの育成強化に向けて、例えば「Working In Japan」という日本勤務のプログラムの実施や、地域間の異動規程を整備するなど、積極的に他国での勤務を推進しています。その結果、以前は日本人が多かった海外会社の社長も、現在では29%が現地社員となっています。
※2012年度

Voice~創業者の言葉~

創業者 松下幸之助が生前に語った英知と洞察にあふれることばを、ご紹介しています。

物をつくる前に人をつくる

私は、ずっと以前でしたが、当時の年若き社員に、得意先から「松下電器は何をつくるところか」と尋ねられたならば「松下電器は人をつくるところでございます。あわせて電気商品をつくっております」とこういうことを申せと言ったことがあります。

その当時、私は事業は人にあり、人をまず養成しなければならない、人間として成長しない人を持つ事業は成功するものではない、ということを感じており、ついそういう言葉が出たわけですが、そういう空気は当時の社員に浸透し、それが技術、資力、信用の貧弱さにもかかわらず、どこよりも会社を力強く進展させる大きな原動力となったと思うのです。

創業者の言葉

Movie~オススメの動画~

ショウルームオープンで加速するインド住宅照明事業

くらしを変え社会に広がるパナソニックの4Kソリューション - CES 2014 -

Blog~採用担当者のつぶやき

ついこの間お正月を迎えたばかりの気がしますが、早いもので2014年も1ヶ月が過ぎました。

昨年一番頑張ったことは「お弁当づくり」。多分お昼ごはんの80%は自作のお弁当だったと思います。同僚からは、量が少ないとか、精進料理みたい、とか言われましたが、自分の好きなものを好きな味付で食べることができるお弁当は、なかなかいいものです。今日ももちろんお弁当。完食です。

仕事の方は、と言いますと、昨年12月に新卒採用数を昨年の2倍の700名に増やす、というリリースをご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、キャリア採用も拡大することに決まり、私の気持ちはすっかり2014年度モード!

採用数の拡大に伴って、社長と採用部門との距離も近くなった気がします。例えば新卒向けの採用セミナーに社長が参加したり、社内報で社長とキャリア入社者の座談会の様子が紹介されたりなど、社長が新入社員やキャリア入社者に対し、いかに期待しているかを実感することができるようになりました。

うれしい反面、身も引き締まりますが、有難いことだと思います。

写真は新卒用の採用パンフレット。
まさしく2014年度は「パナソニック、攻めます。」

私は、縁の下の力持ちとしてキャリア採用を行っている社内カンパニーと、パナソニックに応募してくださる皆さんをしっかり応援したいと思います。

キャリア採用担当 かおりん

自作のお弁当
2014年度新卒用採用パンフレット