パナソニックグループの環境対応技術でクルマの進化を加速する

地球環境問題・エネルギー問題の解決に向け、電気自動車(EV)やハイブリッド車といったエコカーの普及が本格的に進展。クルマに占めるエレクトロニクスの領域は拡大する一方だ。こうした状況を受け、パナソニックグループでカーエレクトロニクス分野を担当するオートモーティブシステムズ社では、「事業開発センター」を設立。グループ内に蓄積された環境対応技術をドメイン横断的に取り込んでクルマに活かす試みを精力的に進めている。この事業開発センターで開発の最前線に立つ2人のエンジニアに、開発における課題や仕事のやりがい、求める人材像について聞いた。

各ドメインの環境対応技術を車載技術に融合させる

パナソニックでは「地球環境との共存」をコーポレートビジョンの1つに掲げ、全社を挙げて省エネをはじめとする環境対応技術の開発を推進してきた。こうした中で今、強まっているのが、“From Home to Car”、すなわち家電で培った環境対応技術をクルマの環境対策に活かそうとする動きだ。
「ただし、ホームの技術をそのままクルマに搭載できるかというとそうはいかない。その点、パナソニックグループ内でオートモーティブシステムズ社(以下、オートモーティブ社)では、エンジンECUやカーナビなどの開発を通じて独自の車載技術を磨いてきました。グループの各ドメインに蓄積された環境対応技術と、オートモーティブ社の持つ車載技術を融合させ、『環境技術の車載化』を実現するのが、私たち横断事業開発グループの役割です」と、同グループでチームリーダーを務める大石宏治氏は説明する。

とりわけ主要ターゲットとなるのがエネルギーマネジメントの分野だ。大石氏のチームでは、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)に用いられる充電システムや熱マネジメントシステムの機構設計を担当している。車載ならではの耐振動・衝撃、熱といった問題をいかにクリアするか考えながら、ユニット内部の構造や電子部品のレイアウトを考えるのが仕事だ。
「特にEVやPHVでは高電圧の回路を使用するので、衝突時に部品が外れてショートしたりすると人命に関わりかねない。『安全第一』をとことん追求するのが最大の課題です。また、車載化する上ではシステムの小型軽量化も重要なテーマ。これによりコストの低減にもなり、エコカーのさらなる普及にもつながりますから。回路部品の集約や放熱効率の向上のほか、軽くても頑丈な筐体を実現するため強度解析技術を進化させることも大きなカギとなります」(大石氏)

一方、同じ横断事業開発グループの石黒哲也氏が所属するチームは、前出の大石氏のチームが充電システムの機構設計を担当しているのに対し、商品化されるEV・PHV用の充電器システム全般の設計を担当している。顧客であるカーメーカーがどのような充電スペックを求めているのかを把握した上で、それを満たすべく電気回路やシステム全体の設計開発を進める。
「充電器のスペックとして充電能力がありますが、単に充電能力を満たせばよいというわけではありません。充電器がつながる先は比較的電力の安定している日本のような地域だけでなく、世界各地でのさまざまな電力事情の下でも安全に充電できることが求められます。また、充電時の電流は当然ノイズの発生につながります、それにより例えばテレビの画像が乱れたりすることも起こりうる。できる限りノイズを低減するのも重要な目標です」(石黒氏)
大石氏のチームと石黒氏のチームは日頃から密接に連携。また、課題解決の手がかりは従来からある機構設計技術やパワーエレクトロニクス技術にあることが多いことから、両チームともグループ内の各ドメインと頻繁に打ち合わせをしながら開発を進めていく。

2人のうち石黒氏は、2010年3月にパナソニックのオートモーティブ社に転職してきたばかりのキャリア入社人材だ。前職でも電機メーカーの自動車部品部門に所属していたが、「EVやPHVに関わる新規事業を次々立ち上げているパナソニックに飛び込み、腕を振るってみたいと考えたのです」と転職の動機を語る。

前職時代には主に自動車のアンチロックブレーキシステム(ABS)の開発を担当していた。一見、現在担当している充電器の開発とは畑違いと思われるが、「充電器でもABSでも、マイコンの指令でモノを動かすということで回路としては大きく変わらない。車載特有の問題について熟知していることもあり、前職の経験は充分活かせています」と言う。この点については大石氏も「私自身、カーオーディオやカーナビの機構設計から充電システムや熱マネジメントシステムの機構設計に移りましたが、石黒さん同様、全く違和感なく仕事ができています」と強調する。

人材に何より求めるのは旺盛なチャレンジ精神

エンジニアとしていっそうの成長を目指していく上でも、パナソニックのオートモーティブ社で働くことで得られるメリットは大きいと2人は口を揃える。
「わからないことが出てきても、グループ内のどこかに必ず関連ノウハウが存在している。各ドメインの最先端のエンジニアと連携しながら開発を進めることで、成長スピードを高められます」と大石氏。さらに石黒氏は、「新しいものを開発している部署ということで、いろいろな分野から人が集まっており、非常に風通しがいい。同じ目標に向け一丸となって新しい製品の立ち上げを実現させるぞ、という活気にも溢れていて、モチベーションが高まりますね」と、部署内の雰囲気の良さも指摘する。

オートモーティブ社では引き続きキャリア人材の採用を行っていく構えだ。特にニーズが高いのはパワーエレクトロニクス分野の電源設計・回路設計関係および高電圧回路を用いた耐振・耐衝撃・放熱・気密に関する機構設計。また、熱マネジメント関連のスキルを持った人材も即戦力となる。
「テクニカルスキルももちろん大事ですが、より重視するのは『新しいことにどんどんチャレンジしたい』というマインドの部分。やる気と自ら進んで知識を吸収しようとする素直な気持ちを持った人なら、スキルは充分補えますから」と大石氏。同様に石黒氏も、「新しいものを開発する上では、いろいろな事象に対して、それが何故こうなるのかということを、ただ何となくではなく、自分の頭で納得いくまで突き詰めて考えられることが大事。そういう人と一緒に仕事がしたいですね」と語る。

これからのクルマが、EVやPHVにシフトしていくことは間違いない。そうした中でオートモーティブ社のエンジニアに対する社内外からの期待は高まるばかりだ。「今、世の中で大きくクローズアップされている環境・エネルギー問題の解決に、自分のスキルを活かして貢献できる。やりがいは本当に大きいですね」と語る大石氏と石黒氏。彼らと同じ充実感を感じたいエンジニアは、ぜひとも応募してみるべきだろう。

オートモーティブシステムズ社
事業開発センター
チームリーダー
大石 宏治
(写真左)

1990年、大学(機械系)を卒業し、松下通信工業(当時)に入社。自動車機器事業部およびカーシステム事業部でカーオーディオやカーナビの設計に従事。2010年4月、オートモーティブシステムズ社 事業開発センターに異動し、EVやPHV用の充電システムや熱マネジメントシステムの機構設計を行っている。

オートモーティブシステムズ社
事業開発センター
主任技師
石黒 哲也
(写真右)

1992年、大学(工学系)を卒業後、大手電機メーカーに入社。自動車部品部門に配属となり、主にアンチロックブレーキシステム(ABS)の回路設計を担当。2010年3月、パナソニックに転職し、オートモーティブシステムズ社でEV・PHV用の充電器の設計を担当している。