活躍する女性たち

自分の夢が叶った場所。喜びと発見の毎日で、仕事が楽しくて仕方ない。 海外営業 須賀 和江

海外営業がずっと夢。小・中学校と5年間マレーシアで過ごした経験もあり、アジアの役に立ちたいという想いが強くあったんです。前職は電気機器メーカーで中堅製造業向けのソリューション営業。海外営業部門への異動願いはずっと出していました。でも、なかなか受け入れてもらえず、そのまま丸7年、ひたすら新規開拓の飛び込み営業。お客様に好かれるよう自分なりに工夫し、最善の提案をしてきたつもりです。仕事自体は性に合っていて、楽しかった。でも夢を諦めきれなかったんです。夫も「やりたいことならチャレンジしなさい」と背中を押してくれたので、転職を決意しました。

パナソニックを選んだのは経営理念に共感したから。自分の考えと重なると思ったので志望しました。念願かなって仕事はデバイスの海外営業。一ヶ月後にはもう台湾出張に行っていました。主な仕事はノートパソコンに搭載されている「空冷ファン」をメーカーに提供すること。ノートパソコンの製造拠点が台湾なので、出張は台湾が多いですね。もちろんアメリカや中国に行くことも。そこで吸い上げた情報やニーズを国内の工場にフィードバックし、カスタマイズをしていきます。今までは既製品しか扱ったことがなかったので、お客様の要望に応じた製品を提供できることは大きなやりがいですね。

もちろん苦労もありました。現地の人はとにかく忙しくて、コンタクトがなかなかとれない。かといって出張の期間も限られています。だから短い時間で、自分の商品がどれだけメリットがあるかをいかに効率的に伝えられるかが勝負。あとはひたすら地道に電話をかけ、コミュニケーションをとり続けました。そのうちコンタクトの時間が長くなったり、一緒に考えてくれるようになったんです。パートナーとして認めてもらえたんだって、すごく嬉しかった。

今はとにかく仕事が楽しくて。もちろん入社当初は、初めての転職だったこともあって不安は大きかったのですが、「こんなに丁寧に教えてくれるとは」と驚くほど皆さん親切で。助け合いや支え合いの風土がすごく染み付いているんです。意見交換の場や環境改善の取組みも非常に活発で、仲間意識が強いんですよね。女性も多いですし、いつも笑いが絶えない職場なので、出会えて本当に良かった。

今後の目標は空冷ファン以外の新規商品を拡販していくこと。市場はまだ開拓余地が十分に残されており、これから伸びていく分野なので、どうやって先んじていくか、挑戦していきたいと思っています。今後ご入社を考えている方も、何かやりたいことがあるなら、是非勇気を持って一歩踏み出してほしい。きっと素敵な未来が待っていますよ!

プロフィール

須賀 和江
【入社】 2005年(電機機器メーカーより転職)
【職種】 海外営業

実は私、英語がまるで駄目で・・・(笑)。自分なりに勉強はしていますが、会話はどうしても苦手ですね。でも、言葉はお客様と信頼関係を築くのに大切なツールのひとつ。これからも継続していきたいと思っています。