技術営業 小泉 喜靖

技術営業 小泉 喜靖 技術営業 小泉 喜靖

※入社年数・部署情報は2017年3月1日掲載時点のものです。

技術営業 小泉 喜靖

提案力と技術力を駆使し、オフィスビルに安全・快適を提供する。

パナソニックではオフィスビルの照明制御設備、中央監視設備、自火報設備等、建物内の安全・快適を提供するシステムをトータルに製造・販売しています。技術営業である私の仕事は、新しいオフィスビルの建設計画時に施主様や建設会社の設計担当者様といったお客様を中心に営業など各関連部署の担当者とともに訪問し、設備に関するニーズをヒアリングするところからスタートします。そのニーズに応える設計図面を作成し、自社商品の魅力をアピールすることで受注につなげていきます。パナソニックの強みは、総合メーカーとして、幅広く持っている商材を組み合わせトータルソリューションを提案し、多様化するお客様のニーズに応えられることだと思っています。時には「より精度の高い人感センサーを作れないか?」といったお客様のニーズを社内の開発スタッフに伝え、そこから画期的な新商品が生まれることもあります。自分のアイデアを活かした提案がお客様から評価いただき、受注につながったときには大きな達成感を感じますし、自分の携わったビルが無事竣工したときには「頑張ってよかったな」と思えます。とりわけ環境配慮に対する意識が高まっている近年は、消費電力を管理する「見える化」システムなどに関心が高まっており、技術営業が行う提案の幅も広がる一方です。「技術」と「営業」という両方の面白味を同時に味わいながら、社会の役に立てることにやりがいを感じています。

技術営業 小泉 喜靖

グループ会社と連携し、かつてない「見える化システム」の提案に成功。

最近の仕事の中で、特に印象に残っているのは、数年後に竣工予定の高層オフィスビルで使う「見える化システム」の提案です。従来の「見える化システム」はビル全体の消費電力を分析するものでしたが、そのビルの施主様が希望されたのは「入居するテナントごとにどれぐらい電力を消費しているかを詳細に分析できるシステム」でした。私の担当している既存の商品だけでは提案できない内容であったため、見える化システムのサーバ開発をしているグループ会社を巻き込んで、これまでになかった新しい見える化ツールを作りました。お客様がシステムに対して求める機能は細かく、1年にわたり提案・ヒアリングを重ねることでようやく採用いただくことができました。さらに、このとき開発したシステムは高く評価され、別の案件でも採用されることになりました。社内外のたくさんの人に協力してもらいながら粘り強く推進したプロジェクトだっただけに、本当にうれしかったです。パナソニックは若いうちに多くの経験をさせ人材の成長を応援してくれる会社です。私自身も今の仕事だけではなく、今後は海外の仕事や商品を企画する仕事など色々な仕事を経験したいと考えております。将来の自分のありたい姿、実現したい夢を描きながら、様々なことに挑戦することで自らを成長させ、その結果として会社や社会に貢献できればと思っております。

私のキャリアヒストリー 私のキャリアヒストリー

1 東京の現場技術支援部隊に配属。

入社時に希望していたのは商品開発だったが、入社後配属されたのは東京の現場技術支援部隊。想定とは違ったが、人と話をしたり、提案をしたりしながら技術力を磨ける仕事内容に興味を持った。

2 現場担当を経験、建設業界を肌で学ぶ。

担当した主な仕事は、マンションの建設現場をサポートすること。実際に現場に足を運んでシステムのトラブルを解決する仕事を通じ、建設業界の仕組みを肌で知ることができた。

3 初の業務変更に戸惑う毎日。

現場に密着する技術支援の仕事から設計提案の仕事に変更。最初は仕事のスピード感についていけず、上司や先輩に助けてもらいながら仕事を覚えた。

4 プロジェクトテーマに関わり、「功労賞」を受賞!

ネット通販の隆盛に伴い建設が増えている物流倉庫に対し、パナソニック商品の提案拡大に成功。この業績が評価され、年1回全国の拠点の中で優れた仕事を行ったグループに与えられる「功労賞」を受賞できた。

5 自分の人脈のなさに苦労する……。

大型のオフィスビルの場合、竣工する数年後を見据えた新商品の提案が必要だが、その場合開発チームやグループ会社との連携が必要。人脈がないため苦労した経験を踏まえ、上司を通じて人脈を広げることに努めた。

6 首都圏の大規模案件を通じて成長。

首都圏で新しく建設される大規模物件の推進を通じて、商品知識を見つけるとともに、各関係者との人脈の幅をさらに広げる。大規模物件を攻略するには、社内外の人脈が重要であることを仕事を通じて経験する。

7 自ら検討に携わった商品の、標準採用に向けた活動。

グループ会社とともに開発した「見える化システム」はお客様から高く評価され、他の建設プロジェクトでも採用されることに。標準化活動を通じて、技術営業としての仕事のやりがいを感じる。

技術営業 小泉 喜靖

入社の決め手 入社の決め手

建物中の安全・安心・快適を提供する仕事に興味を持っていました。その中でパナソニックはセキュリティシステムをはじめとして、多くの商品をつくっており、ここなら、社会の役に立てるのではないかと考えました。また、創業者松下幸之助の「ものをつくる前に人をつくる」という理念の生きる環境に身を置き、様々な仕事に挑戦しながら成長できることにも魅力を感じました。