設計開発 高橋 宏行

設計開発 高橋 宏行 設計開発 高橋 宏行
設計開発 高橋 宏行

ボンネットの中の「小さな発電所」=回生用車載電池を開発。

パナソニックは、環境対応車向けのリチウムイオン電池、ニッケル水素電池を国内外のカーメーカーに供給しています。誰もが名前を知っているHEVの電池が、実は「Panasonic」ブランド。そんなケースも、めずらしくありません。また二次電池の特性を生かした回生用車載電池*も、パナソニックの得意分野。最近では、アイドリングストップ車向けにも製品開発を強化しています。私が担当するのは、そんな回生用車載電池の機構設計。セル設計、制御回路設計、ソフトウェア開発など異分野の開発担当者と連携しながら主要部品を格納するレイアウトを考え、セルの放熱方法や部品の強度、組立のしやすさなども考慮しつつ、ひとつの「電池パック」として完成させてカーメーカーに提供するのが仕事です。また車載電池は、何よりも安全であることが第一条件。高い安全性を保持しながら、いかに低コストで組み立てやすい電池を実現するかが最大の課題です。パナソニックでは「不良品を出さないモノづくり」から一歩進んで、「良品しかできないモノづくり」の考え方を掲げ、設計技術者を中心に調達や製造など関係部署が連携しながら安全で高品質なモノづくりを追求しています。私たち設計技術者には、そのための製造プロセス開発も重要な仕事です。

*減速時のエネルギーを回収し、電気に変換して蓄電した電池。

設計開発 高橋 宏行

「任せて育てる」を実感した1年目のプロジェクト。

パナソニックに入社して1年。最初に驚かされたのは、入社直後に新型車向けの「回生用車載電池開発プロジェクト」の一員に迎えられたことです。もちろん、キャリア入社の技術者として即戦力を期待されるのは当然かもしれませんが、まさか開発途上の最新車種の仕事をいきなり任されるとは驚き以外の何者でもありません。また、私が合流して1ヶ月ほど過ぎた頃から、プロジェクトは実質私が主担当として動かすことに。早くから人に仕事を預け、任せることで人を育てるパナソニックの風土、文化に独特のものを感じました。プロジェクトは、異なる専門分野の担当者が組織横断的に集められ、ミーティングを繰り返して情報共有しながら仕事を進めていくので互いの連携がとりやすく、風通しの良さも感じました。初仕事となったその新型車向け車載電池は、一部見直しが必要となり設計の見直しも視野に入れて問題解決に努めた結果、量産化にメドをつけることができました。新しい回生用車載電池を搭載した新型車がリリースされ、街中を走り出すのは2018年頃。今からその日が楽しみです。

私のキャリアヒストリー 私のキャリアヒストリー

バイクメーカーに入社。ニューモデルの設計に従事。

学生時代は、バイクレースに熱中。バイクづくりがしたくて、二輪車メーカーに入社。設計担当として主にエンジン補機類の設計を手がけ、花形車種の開発にも多数関わる。海外の現地法人に3年間駐在の経験も。

パナソニックにキャリア入社。プロジェクトに参加。

学生時代から抱き続けた「自動車の環境に関わる仕事がしたい」との思いから、パナソニックに転職。「回生用車載電池」の開発プロジェクトに量産試作段階から関わる。“助走期間”として、1ヶ月ほど報告書作成などの業務を担当。

機構設計の担当を任される。

主要部品を格納する機構設計の担当に。いきなり任された大仕事に驚きながらも、やる気は最高潮。メンバー全員で力をあわせ、最大の山場である「デザインレビュー」もクリア。

量産試作目前でトラブル。プロジェクトを一人で回す。

ホッとしたのも束の間、お客様からの要請で製造プロセスと設計の見直しに追われる。主担当として、実質一人でプロジェクトを切り盛りすることに。不慣れな面もあり悪戦苦闘。

量産試作を無事クリア。量産化へ。

製造プロセスの改良にようやくメドが立ち、量産試作が無事に終了。4月からの本格量産に向けて、ようやく見通しが立つ。新たな仕事に期待が膨らむ。

設計開発 高橋 宏行

入社の決め手 入社の決め手

そう遠くない将来、ガソリンに代わって新しいクルマの動力源となると目される電気。パナソニックは、そのコアとなる電池の技術で世界トップレベルにあり、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)など次世代のクルマの動力源を多種多様に開発しています。「クルマの分野で環境に関わる仕事、特に次世代エネルギーの中心となる電池分野で仕事がしたい」という思いを学生時代から抱き続けた自分にとって、そんなパナソニックは、次世代動力源のあらゆる可能性にチャレンジできる魅力あるステージに映りました。