【Devices 02】

パナソニックの次世代パワーデバイス「X-GaN」

電化製品の電源分野における省エネ・小型化の重要度は急速に高まってきており、物理限界を迎えつつある従来のシリコン半導体に変わって、新たなパワー半導体が求められています。そんな中、パナソニックは2015年5月、次世代を担うパワートランジスタの製品化を発表しました。その材料となったのは青色LEDにも使われている「GaN(窒化ガリウム)」。 「これを電源向けの半導体として利用すれば、画期的な性能を発揮できる」という熱い思いを胸に立ち上がった開発者たち。しかし、その道のりにはいくつもの壁が立ちはだかり、試行錯誤を繰り返しました。 開発者たちはどうやって壁を乗り越えたのか、たどり着いた大きな可能性と製品化に至るまでの開発ストーリーをご覧ください。