西川 潤

日本の技術力とその価値を、世界中に売り込む。

学生時代に1年間休学をしてボランティア活動をしながら世界中を放浪していた時のこと。日本という国を初めて客観的に見て、日本の技術やソフトパワーが海外で非常に評価されていることに衝撃を受けました。その時から、将来は日本の持つ素晴らしい技術とその価値を、世界中に売り込んでいく仕事がしたいと思うように。今の仕事は、国内外の自動車メーカーに対して、次世代環境対応車向けのリチウムイオンバッテリーシステムの受注活動から、量産立ち上げ、その後のサービス対応まで責任を持つ仕事をしています。1997年に世界ではじめてハイブリット車が発売されてから、欧州・北米では環境対応車が当たり前になってきました。一方で、中国のような人口が過密している途上国と言われるエリアでは、コストが高く、まだまだ一般的ではありません。技術革新でブレイクスルーできれば、より普及して、地球規模でCO2減、低炭素社会に貢献できる画期的な事業だと思っています。「もっとこの市場を広げていきたいんだ!」という気概でプロジェクトを引っ張っています。

西川 潤

世界トップクラスの相手に提案をするのがエキサイティング。

私のいる事業部は、自動車業界の中でもパワートレイン、つまり駆動系に対して営業活動を行っている、パナソニックの中でもめずらしい事業部。世界をリードして席巻しているような知見をもった世界トップクラスのメーカーを相手に、対峙する機会があるのは実にエキサイティングです。もちろん、お客様の求めるコスト、品質水準は飛び抜けています。けれど、そういった高いハードルに対して、日本の私たちが生み出した技術を認めてもらうためのプランを作っている時は、ぞくぞくするほどやりがいを感じます。私はもともと、半導体の営業として、お客様にとってはパナソニックの顔として、社内にとってはお客様の声の代表として、両者をつなぐ役割をしていました。なかなか社内にいると「顧客視点」を掲げていても、徹底できないことがあります。現在は内部の視点を持っていますが、営業は「顧客第一」ですので、言葉だけではなくその時の自らの経験を生かして顧客の視点を持つように心がけています。

西川 潤

(写真左)リチウムイオン電池開発エンジニア 大門徹也

自分たちが前例をつくれば、未来の人たちがさらに進化させられる。

会社には、「そんなに大きなプロジェクトをこんな若手に任せてしまっていいの?」というほど重要な仕事を任せてもらっていて、「この会社大丈夫か?」と思うほどです(笑)。けれど、それは「若い人たちから会社を変えろ」というメッセージでもあると思います。私たちの世代が取り組むべき究極の変革は、「クルマ業界のメインストリームを入れ替える」こと。安全性が確実に担保され、絶対に事故が起こらない。かつ、ドライバビリティでガソリン車に負けない。つまり、エンドユーザに新たな経験や感動を与え、さらに、環境問題を解決するクルマ。そんなエコカーが普及する世界を実現することができればと思います。パナソニックには、たとえ摩擦が生じても「自分の意見をしゃべれ!」という文化がある。私たちの世代が、今、会社を変えることができれば、「変わることができた会社」として1つの事例になる。それが、次に入社してくる人たちが、いい文化を残しながら、また進化させていくことにもつながると思います。

西川 潤

2009年入社。入社以来、ICT業界向け半導体営業を担当。その頃から西川が強く実感してきたのは、「とにかく品質にこだわるパナソニックのDNA」。車載向けリチウムイオン電池の担当として営業活動の際前線にいる今も、日々そのDNAを感じているという。

西川 潤 (2009年入社・8年目

オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
三洋電機株式会社 二次電池事業部 車載電池BU第2PM部

未来をつくるスペシャリスト

プロジェクトマネジメント

■関連リンク
 └次世代コックピット

Panasonicの「仕事観」をより深く知りたい方。
仕事体験プログラム「キャリフルCAMP!」2月開催予定!

キャリフルは、全学年の大学生を対象に、「働く」を考えるための様々な機会を、リアル・オンラインで提供している、㈱リクルートキャリアが提供しているサービスです。そのコンテンツの一つであるキャリフルCAMP!は、社会人との接点を通じた、「仕事」と「自分」の理解を目的としたプログラムです。

キャリフル キャリフル