大門 徹也

電池の「スマートさ」に、強く惹かれた。

パナソニックでは、環境対応車に向けた車載用二次電池として、ニッケル水素電池とリチウムイオン電池の開発を行っています。電池の材料開発からセルの開発・生産、さらに複数のセルを組み合わせるモジュール化に至るまで一貫して行う体制をとっており、国内外の主要自動車メーカーがお客様。その中でも私が今行っているのは、車載リチウムイオン二次電池のセルの設計開発です。大学時代に発電や電池などのエネルギー関係に興味があり、次第に電池を本格的に研究するようになりました。その理由は、電池の「スマートさ」に惹かれたこと。降り注いでいる太陽光から電気をつくって、その目に見えない電気を貯めることができる。そして、使いたい時に使える。さらに、そのエネルギーは様々なところで使えるという一連の流れが、賢いし面白いと感じました。もともと環境問題やエネルギー問題が叫ばれている時代の趨勢で、そこに貢献できる技術者になりたいなぁと漠然と思っていました。実際に燃費が良くなったり、CO2が減ったりという、自分の技術の効果がダイレクトにわかるというか、実感できるのはいいなぁと思います。

大門 徹也

知識と経験の引き出しの数が、競争力に結びついている。

現在、ある車載用電池機種のプロジェクトリーダーを担当しています。技術の開発にあたっては、人の命に関わることがあるので高いレベルで安全性が要求される一方で、コスト管理もものすごく大事です。そして、もちろん技術そのものがハイレベルかどうかも大切。お客様からの多くの要求がある中で、バランスを考えながら最適解を見つけるのがこの仕事のやりがいと言えます。車載用の電池の市場は右肩上がりです。伸びていく市場の中で挑戦できるというのも、やりがいだと思います。電気自動車1台には数百本の電池が搭載されていて、その1本でもダメになると重要な品質問題となります。それくらい高い精密さが求められる電池の開発で大事なのが、「知識と経験」です。携帯電話やパソコンなど色々な用途の電池をつくってきた歴史がある分、そういった経験知の引き出しが多いのがパナソニックの強み。私自身、過去に自社の社員が書いた論文を読むことがあります。温故知新といえる日々の積み重ねが競争力につながっていると思います。

大門 徹也

すべてのクルマが電池になる世界を、自分がつくる。

決して簡単ではありませんが、いつかすべてのクルマを電気自動車にしたいという夢があります。現在も各社から電気自動車は発売されていますが、まだまだ普及には至っていません。ガソリンに比べると不便なことも多いですし、1回の走行距離も短く、まだまだコストも高い。一方で、まちがいなく地球環境のために大衆化させるべきクルマでもあります。なので、もっとお手頃で、もっと長距離を走れるクルマにするということが絶対条件。個人的には、将来、これらの技術を追究したいと思っています。今あるリチウムイオン二次電池は進歩しています。ですが、理論上の限界のようなものも存在しています。現在の技術ベースではすべてのクルマがEVになるというのは、すこし難しいかもしれません。その壁を越えるためには、技術的なブレイクスルーが必要です。それを検討するにも、量産化とかコストを知っていないといけません。そういう技術を世界に広めるという将来的な観点から、技術開発を行っていきたいと思います。

大門 徹也

大門が初めて環境問題に興味をもったきかっけは、中学生の時に、「20XX年には石油が枯渇する」という話をどこかで聞いた時に「それはホンマにやばいなぁ!」と危機意識をもったことだという。それから電池に興味を持ちはじめ、「電池の可能性を最も広げられるチャンスがあるから」とパナソニック入社。

大門 徹也 (2012年入社・5年目)

オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
三洋電機株式会社 二次電池事業部 車載電池BUセル設計開発部

未来をつくるスペシャリスト

リチウムイオン電池

■関連リンク
 └次世代コックピット

Panasonicの「仕事観」をより深く知りたい方。
仕事体験プログラム「キャリフルCAMP!」2月開催予定!

キャリフルは、全学年の大学生を対象に、「働く」を考えるための様々な機会を、リアル・オンラインで提供している、㈱リクルートキャリアが提供しているサービスです。そのコンテンツの一つであるキャリフルCAMP!は、社会人との接点を通じた、「仕事」と「自分」の理解を目的としたプログラムです。

キャリフル キャリフル