奥川 恭平

4つのカメラの映像をより美しく正確に1つの映像にする。

クルマの前後左右4カ所に搭載したカメラの映像を合成し、車を上から見たような一つの映像にする、全方位型のカメラシステムに関する開発をしています。この車載カメラは、いわばドライバーにとっての「もう1つの目」でもあるので、狭い路地を通る時や駐車時に便利であることはもちろん、人やクルマ、障害物との事故を防ぐための役割も担います。私は今、「キャリブレーション機能」という、4つのカメラの映像をつなげて表示する時のつなぎ目のズレを補正する画像処理の研究をしています。ソフト設計者として、いかに早く、いかに見やすく、そして美しく1つの映像をつくり上げられるかが腕の見せどころです。OJTで先輩たちがサポートしてくれるものの、まずは自分が主体的につくることができる環境なので、入社2、3年目からでも、ガンガンつくれたのはありがたかったです。学生時代にも自分なりにプログラミングをやっていましたが、「品質」のために正しい開発プロセスを踏むという点は、やはり大きく異なりますね。

奥川 恭平

他部署の技術を取り入れて、よりよいモノづくりを。

開発のプロセスでは、設計図やパソコンの上ではうまくいっても、実機に落とし込んでみるとキャリブレーションの精度が基準値を超えられないことも....そんな時は、何千件、何万件とシミュレーションして問題点をつぶしていくしかありません。キャリブレーションの技術については「他のどの会社よりも高い精度を出したい」という思いで取り組んでいます。レンズを開発している自社の研究所と連携して、技術開発に取り組んでいるのも、より高い精度を生み出すためです。これからも、あらゆる領域にまたがる技術を持ったパナソニックの強みを存分に活かしていきたいですね。よりよいモノをつくり、それが広く世の中に普及していけば、自動車事故が1件も起きないような毎日を実現できるかもしれない。そう信じて日々仕事に向き合っています。

奥川 恭平

車載カメラが、「クルマの目」になる日。

人間が日常的に情報量として脳にインプットしている割合は、視覚情報が約80%と言われています。同じように、クルマの安全技術のなかでは「目」にあたるカメラの技術は非常に重要です。ただクルマの周辺の映像を表示するだけではなく、より事故防止につながる技術をつくり上げていきたいと思います。例えば、現在は「より正確に映し出す」ということに特化したカメラ技術。次のフェーズは、カメラ自体で移動物を検知してアラートを出す「検知系のカメラ」で、さらに先にいくとカメラがクルマの目となって「自動運転するためのカメラ」をつくり出すこと。近い将来の自動運転の実現化に向けて、障がい物別の回避技術などに携わっていきたいと思っています。パナソニックの技術力ならば、必ずコミットできると信じています。私自身の夢のひとつである「交通事故をゼロにする」ために。もちろん、困難はたくさんありますが、私たちが先頭に立って業界全体を引っ張っていくつもりです。

奥川 恭平

高校時代に交通事故で大切な友人を亡くした奥川が掲げる、技術者としての目標は「交通事故をなくすこと」。そのために、「安全」が世の中に行き渡るための技術の開発に勤しむ。「世界中のクルマに技術を提案できるチャンスがあり、より世の中全体に関われる」との想いから、パナソニックに入社。

奥川 恭平 (2014年入社・3年目)

オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社  オートモーティブ事業担当  
車載エレクトロニクス事業部  安全・安心システムBU(ADAS関係)  第五商品開発部

未来をつくるスペシャリスト

安全・安心システム

■関連リンク
 └次世代コックピット

Panasonicの「仕事観」をより深く知りたい方。
仕事体験プログラム「キャリフルCAMP!」2月開催予定!

キャリフルは、全学年の大学生を対象に、「働く」を考えるための様々な機会を、リアル・オンラインで提供している、㈱リクルートキャリアが提供しているサービスです。そのコンテンツの一つであるキャリフルCAMP!は、社会人との接点を通じた、「仕事」と「自分」の理解を目的としたプログラムです。

キャリフル キャリフル