KWNとは

事例:最優秀校の作品づくり

実際にどんなことをするの?最優秀校から学ぶ“作品づくり”の魅力

愛知県岡崎市立井田小学校の取り組み
ビデオ制作でチームワーク力を高めます!

ビデオ制作といっても、それほど難しく考える必要はありません。いわば総合学習の延長線上。テーマに沿った研究発表を新聞やレポートではなく、ビデオ映像で制作するだけなのです。
ここで2008年、2009年度と2年連続でKWN日本の最優秀作品賞を獲得した、井田小学校の取り組み方を見てみましょう。

ビデオ作品が出来上がるまで

企画

制作意欲の高い生徒たちが集まるクラブ活動としての参加もオススメですが、井田小学校のようにクラス単位での参加では、ひとつのテーマでもさまざまな意見が飛び交い、全員でひとつの作品を創り出すというモチベーションも高まります。

取材(実地調査)

テーマに合わせて、どのようなビデオ映像が撮影できるのか?コンテ作品や本番撮影の前に、実地調査(ロケーション・ハンティング)を行います。テレビ業界でも“ロケハン”と略され、映像制作において非常に重要な作業のひとつです。小型ビデオカメラやデジタルカメラを持参し、テスト撮影を行うといいでしょう。

コンテ作り

企画や取材(ロケハン)で集まった材料を元に、コンテを作成します。コンテとはどのようなセリフやナレーションが入り、どんな映像を撮影するのかを順番に書いた台本のこと。
作品の仕上がりに影響するポイントなので、じっくり時間をかけて作ります。

ここが大事
撮影

出来上がったコンテに合わせて、ワンシーンずつ本番撮影を行います。カメラに向かう子どもたちはいい表情になります。井田小学校の2010年度の作品では粘土の人形を使った“クレイ・アニメーション”の撮影にも挑戦(写真右下)。たくさんの粘土人形を作り、少しずつ動かす作業はクラス全員で行いました。

編集

撮影した映像データをパソコンに取り込み、ビデオ編集ソフトを使って編集作業を行います。ソフトの使い方など、多少専門的な知識が必要となりますが、KWNのワークショップなどを通じてサポートを受けられるので、安心です。“作品は5分”という規定時間内に映像を収めることも重要なポイントです。

完成

指導した先生が語るビデオ制作の“コツ”とは?

  • 三カ条 1.コンテが勝負 2.子どもたちの個性を尊重する 3.身近なことからテーマを追っていく スポーツや音楽など、世の中にはさまざまなコンテンツがあります。でも、ビデオ作品はいきなり全国区、いや世界レベルで勝負ができるので、制作意欲もおのずと高まってくるんです。
    子どもたちが主体となってビデオ制作を行うときに、もっとも大事なことは、企画段階から徹底的に意見を交し合い、”自分たちのいいたいこと”が伝えられるコンテを仕上げることです。また、アイデアを出す段階では、子どもたちの自由な発想を邪魔しないことも重要です。取材や撮影の対象は、なるべく身近なところから始めることもコツですね。 井田小学校 内田雅之先生

経験がなくても大丈夫!充実のサポート体制

  • 主なサポート内容 1.機材の提供/ワークショップ解説 2.国内外の参加校との交流 撮影機材はすべて無償貸与。使い方もレクチャーします!!

ビデオ制作と聞くと、専門的な知識や機材が必要で難しいのでは?そんな不安もあるかと思います。KWNでは必要な機材の提供や、希望する参加校には専門スタッフが学校まで出向いて、機材の使い方や撮影手順などをレクチャーする「出前ワークショップ」で全面的にサポート。また、国内外の参加校との交流を深める専門掲示板サイトも開設しています。
活動期間中、参加校に貸与されるハイビジョンビデオカメラは、プロが使用する本格的なタイプ。また、マイクや三脚、マニュアルなども併せて提供されます!