KWNとは

KWNトピックス

2013.12.5
グローバルコンテスト2013表彰式をパリで開催

12月5日、フランス・パリのユネスコ本部でKWNグローバルコンテスト2013の表彰式をエコ絵日記の表彰式と合同で開催。KWNとエコ絵日記の上位6カ国の代表メンバーに加え、ユネスコ世界遺産のメチルド・ロスラー副センター長、パナソニック・ヨーロッパのアバディ会長も列席しました。KWNのグランプリに輝いたのはニュージーランドのマウントアスパイアリング中学校が制作した"フォーエバー エミリー"。この作品は、親友の死という悲しい事実に向き合うことで、悲しみを乗り越えていく姿を印象的に描き、審査員からは撮影や編集技術の高さはもとより、実話に基づいた脚本の秀逸さが高く評価されました。また、彼女らの活躍はニュージーランドのさまざまなメディアで取り上げられました。

表彰作品はスペシャルサイトでご覧いただけます。

KWN グローバルコンテスト2013 スペシャルサイト
※リンク先は英語版サイトです。
※別ウィンドウが開きます。

ニュージーランドテレビ放送 First line TV show
※別ウィンドウが開きます。

グローバルコンテスト2013表彰式をパリで開催
グローバルコンテスト2013表彰式をパリで開催

2013.11.3
中国で国内コンテスト表彰式を開催

11月3日、KWNとエコ絵日記の中国国内コンテスト表彰式を北京で開催。生徒および学校関係者をはじめ、審査員、中国政府関係者、報道関係者など300名以上が参加しました。グランプリは北京育才小学校が制作した”ラブ・イズ・オールアラウンド“が受賞。この作品は病気の友人を救う資金を集める為に絵を描き続けた少年の実話を基にした物語です。

中国で国内コンテスト表彰式を開催

2013.10.13
日本と香港の子ども達が「ビデオミート」で国際交流

10月13日、愛知県岡崎市の大門小学校と香港のシャク・チュン・シャン・メモリアルカトリック小学校が、KWNのインターネット交流プログラム「ビデオミート」で国際交流を行いました。お互いに学校や食文化について紹介。さらに、日本校は岡崎市のゆるキャラ「オカザえもん」や日本の伝統的な遊びを、香港校はITを活用したサイバーアートや音楽を紹介するなど有意義な時間を過ごしました。

イベント詳細レポート
※別ウィンドウが開きます。

日本と香港の子ども達が「ビデオミート」で国際交流

2013.8.22
インドネシアで国内コンテストを開催

8月22日、KWNとエコ絵日記の合同国内コンテスト表彰式がインドネシアの首都ジャカルタで開催。現地販売会社の役員や名誉来賓、報道関係者を含む多くの参加者が集まりました。200件のストーリーボード応募から選ばれた10作品がノミネートされ、グランプリにはサルマン・アル・ファリジ中学校が制作した“Turn Off The Device with Love”が輝きました。

インドネシアで国内コンテストを開催

2013.7.5
マレーシアでトレーニングキャンプを開催

KWNマレーシアのトレーニングキャンプが、7月3日から5日の3日間、クアラルンプール郊外で開催。10校のKWN参加校から30名の生徒と先生が出席し、KWNグローバルコンテストの最終審査員を務めるオスマン・ハフシャム氏も講師として参加しました。生徒達は実際に映像を制作するなど、さまざまな体験を楽しみました。

マレーシアでトレーニングキャンプを開催

2013.6.29
香港で国内コンテスト表彰式を開催

6月29日、香港KWNコンテストの表彰式が開催されました。17校のKWNメンバーをはじめ、香港教育局関係者やWWF(世界自然保護基金)の教育部長、パナソニック香港の役員など総勢195名が参加。グランプリは、環境問題を訴える作品“What kind of Earth we want to live in? Who is going to start to change?”を制作した、タイポマーケット小学校が獲得しました。

香港で国内コンテスト表彰式を開催

2013.5.23
中南米の地域表彰式をブラジルで開催

中南米地域のKWN参加国(チリ、パナマ、ブラジル、ペルー、メキシコ)による地域表彰イベントを、5月20日から23日にかけてブラジル・サンパウロで開催しました。22日に行われた表彰式には総勢120名が参加。パナマのパナメリカーノ校の作品“Trash is Money”が地域グランプリに輝きました。
また、表彰式に先立ち、各国から集まった生徒たちはパナソニックのショールーム見学や、現地KWN校での国際交流に参加。国際交流では、各国の生徒たちが自校紹介のプレゼンテーションをしたほか、現地ブラジルのKWN校によるブラジリアンダンスが披露されるなど楽しい時間を過ごしました。

中南米の地域表彰式をブラジルで開催

2013.5.10
米国で国内コンテスト表彰式を開催

5月10日、米国KWNは今年で24回目となる国内コンテスト表彰式を、ニュージャージー州のパナソニック北米本社で開催しました。KWN活動に参加する全米72校の中から勝ち抜いた5校のメンバーをはじめ75名が参加。審査員を務めるブロンクス・コミュニティ大学の映画学科の面々に加え、ラッキー・ヴィル・フィルムズ代表、メアリー・ベス・オコナー氏も特別審査員として列席しました。グランプリはニューヨーク州のPS41ウォルターF.ホワイト校が獲得。彼らの作品“Put Down the Gun”は、ニューヨークにおける銃犯罪を主題としました。なお同校はKWN発足当初から参加しています。また、環境問題への意識を高めるために新設された環境公共広告賞には、イリノイ州のマーカス・ガーヴィー校の“The Okra Show”が輝きました。

米国で国内コンテスト表彰式を開催

2013.4.22
中近東の地域合同表彰式をUAEで開催

4月22日、中近東地域のKWN参加国(UAE、オマーン、イラク、レバノン)の表彰式を、UAEのドバイで開催。エコ絵日記の表彰式と合同で行われ、生徒や学校関係者など総勢290名が参加する盛大なイベントとなりました。KWNの表彰式では、中近東4カ国のKWN校27校から各国のグランプリ4校が選出され、彼らの作品はKWNグローバルコンテストにエントリーされました。表彰式の前には、KWNやエコ絵日記と同じパナソニックキッズスクールのプログラム、ハイブリッドカー工作教室が行われ、子ども達は手作りのエコカー工作にチャレンジしました。

中近東の地域合同表彰式をUAEで開催

2013.4.12
インドネシアでKWNとエコ絵日記を紹介する訪問イベントを実施

KWNインドネシアは、現地事務局スタッフが国内の学校を訪問し、KWNプログラムを紹介する「KWNロードショー」を展開しています。今回は、4月1日から12日にかけてジャカルタの学校を中心に訪問し、ともにパナソニックキッズスクールのプログラムであるKWNとエコ絵日記の紹介およびワークショップを行いました。子ども達はKWNのワークショップでは、ビデオ制作におけるストーリー展開やコンセプトづくりを、エコ絵日記では、環境テーマに基づく日記の書き方を体験しました。なお、KWNとエコ絵日記の2013年国内コンテスト表彰式は8月に開催されます。

インドネシアでKWNとエコ絵日記を紹介する訪問イベントを実施

2013.3.16
日本とベトナムの子ども達が「ビデオミート」で国際交流

3月16日、福岡県の箱崎中学校とベトナムのウェルスプリング・インターナショナル中学校が、KWNのインターネット交流プログラム「ビデオミート」で国際交流を行いました。
日本からは14名が福岡にあるパナソニックショウルーム、ベトナムからは18名がリスーピアベトナムにそれぞれ集まり、パナソニックのHD映像コミュニケーションシステムを通じて、両国の距離を感じさせない臨場感のある交流を楽しみました。
始めに、それぞれの学校紹介ビデオを上映し、作品制作に関してディスカッション。その後、ウェルスプリング校の女子生徒が鮮やかな衣装「アオザイ」をまとい、民族舞踊を披露。箱崎中学校は日本の文化を中心としたクイズを英語で出題しました。全体を通して活発な意見交換が行われ、予定の時間をオーバーするほど充実した交流会となりました。

イベント詳細レポート
※別ウィンドウが開きます。

日本とベトナムの子ども達が「ビデオミート」で国際交流

2013.2.19
ブラジルで国内コンテスト表彰式を開催

2月19日 ブラジルサンパウロでKWNコンテスト表彰式が開催されました。 KWN参加校10校から約190名が参加。映画館を全館貸切りで行い、各校の作品が映画館の大きなスクリーンで上映され、参加者は大いに盛り上がりました。グランプリを獲得したのはColegio Guilherme Dumont Villares校。作品 “Entre vozes”(声と声の間)は、聴覚障害を持つ人々に向けたさまざまな社会活動を描いています。

ブラジルで国内コンテスト表彰式を開催

2013.2.18
日本の最優秀作品賞は長野県の奈川中学校が獲得

日本KWNの作品審査会が2月18日に実施されました。今年度は、日本全国から小・中学校71校が制作した作品の中から、厳正な審査の結果、長野県松本市立奈川中学校が制作した「野麦峠を越えた少女たち」が最優秀作品賞に決定しました。明治時代に、地元のとても険しい峠道「野麦峠」を真冬に歩いて越えていた少女達が題材。その歴史を調べる中で分かったことをこれからの生き方にどのように活かしていくかを、世界の人々に訴える内容になっています。奈川中学校は2010年度に続き2回目の受賞。なお、本作品は「KWNグローバルコンテスト2013」に、日本代表作品としてエントリーされます。

作品を見る
※別ウィンドウが開きます。

日本の最優秀作品賞は長野県の奈川中学校が獲得

2013.2.9
ロシアで国内コンテスト表彰式を開催

2月9日、ロシアのKWNコンテスト表彰式がモスクワで開催され、ロシア全土からKWN参加10校の生徒や先生、総勢120名が参加。また、パナソニック・ロシアの鈴木茂雄CEO、ロシア連邦教育・科学省の代表も列席し、スピーチを行いました。グランプリに輝いたのはモスクワ近郊の都市ヤロスラヴリのチームが制作した作品、“Birds' rebellion”。地球を環境汚染や環境破壊から守る道へと導いてくれる鳥たちの物語です。

ロシアで国内コンテスト表彰式を開催