制作支援

KWNメールマガジン

2009年度 バックナンバー

Vol.5(2009年11月4日)

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃
 ┃  キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)
 ┃                    メールマガジン
 ┃                    2009年度参加校の先生方へ
 ┃
 ┃          2009年11月4日【 Vol.5】
 ┃
 ┃  HP http://panasonic.co.jp/citizenship/kwnjp/index.html
 ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

急に寒くなり、冬がそこまで近づいてきました。
ビデオづくりは、楽しく進んでいらっしゃいますでしょうか。
今月も、皆様のご活動のお役に立てるよう、メールマガジンをお送りします。

【目次】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 今後のスケジュールについて
2 ビデオづくりのヒント
3 「交流広場」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆―――――――――――――――――――――――――――――――
1. 今後のスケジュールについて
―――――――――――――――――――――――――――――――◆◇

1)作品と報告書のご提出
  2010年1月15日(金)締切

2)入賞作品の決定とご連絡 
  2010年1月末日

3)表彰式 (最優秀作品賞・各部門賞の発表)
  2010年2月20日(土)パナソニックセンター東京(予定)
  是非、みなさまご参加ください。

◇◆―――――――――――――――――――――――――――――――

2.ビデオづくりのヒント
―――――――――――――――――――――――――――――――◆◇

技術サポートをしています白石です。

さて今回は編集についてお話しします。

「編集」は料理で言えば、まさに「調理」。料理人の腕次第で、材料は
様々な「メニュー」に変身します。さて、みなさんの料理は、どんな
ご馳走になるでしょうか。

**********************
大切なプレビュー
**********************

編集は、撮影したビデオをカットごとに切り、順番を入れ換えて、
ストーリーを作っていく作業です。どんなに上手に撮影できても、
この編集作業が行われなければ、たいていのビデオはたいくつなものに
なります。

撮影から帰ってきて、まず最初にやることは、撮影してきたビデオを
じっくりと見ることです。これを「ラッシュ素材の試写(プレビュー)」
と呼びます。

もし作業する時間があれば、撮影してきた素材を1カット1カット、
紙に書き出します。どのように撮れているかを細かく書き出して
リストにすると、後々の編集作業が格段に楽になります。

**********************
編集環境を整える
********************** 

ビデオ編集は時間がかかる、根気の必要な作業です。編集を行う前に、
まずはスムーズに編集できるよう環境を整備しましょう。

編集を行う際に必要なものは、
(1)編集を行えるだけのスペック(性能)のPC
(2)付属の専用カードリーダー
(3)編集用のソフトウエア
(4)映像を保存する大容量のHDD(※)
(5)付属ソフト「HD Writer 2.5J for HDC」(※)
           (※必要な場合)
以上の4点です。

今回、ご提供しているビデオカメラは、SDHCと呼ばれるフラッシュ・
カードに画質の高いハイビジョン映像を記録することができます。

ただし、このように画質の良いHDを編集する場合、非常に高いスペック
(性能)のPCが必要となります。自分の学校に配置されているPCで
編集できるかどうか、その確認もしてください。

編集ソフトには様々な価格帯の様々な機能のソフトウエアがあります。
詳細は以下資料をご参照ください。

**********************

ビデオの取り込み方
**********************

まずは、素材をPCに取り込む必要があります。

取り込む場合は、付属の専用カードリーダーを利用するか、
またはPCと彼らを直接、ケーブルで接続します。

使用するPCが、ハイビジョン映像を編集できない機種の場合は、
ハイビジョン画像をやや画質の劣るSD画像に圧縮する必要があります。
このようにHD画質からSD画質に変更することをダウンコンバートと
いいます。

ダウンコンバートを行うには、付属ソフトウェア
「HD Writer 2.5J for HDC」をPCにインストールし、変換作業をします。
詳細は以下資料をご参照ください。

次回は本格的な編集についてお話していきます。お楽しみに!

◇◆―――――――――――――――――――――――――――――――

3.「交流広場」のご案内
―――――――――――――――――――――――――――――――◆◇

KWNのサイト上にある「交流広場」は参加校のみが参加できるサイトで、
参加校同士が交流を深めるために使っていただければと思っております。
活動の進捗状況など、情報交換や意見交換にご活用ください。
また、英語で海外の学校との交流にもチャレンジされる学校は
グローバルサイトの「KWN Forum」にお入りください。

交流広場       http://panasonic.co.jp/kwn/cgi-bin/kwn/forum.cgi

KWN Forum    http://panasonic.net/kwn/forum/index.html

==================================================================

パナソニックでは、KWN以外にも様々な次世代育成プログラムをご提供
しております。ご関心おありの方はご覧いただければ幸いです。

パナソニックグループ      http://panasonic.co.jp/citizenship/child/

パナソニックキッズスクール   http://panasonic.co.jp/ad/pks/

体験型ミュージアム リスーピア http://risupia.panasonic.co.jp/

==================================================================

KWN日本事務局
〒105-8581 東京都港区芝公園1-1-2
パナソニック株式会社 社会文化グループ内  担当:相沢、田中
電  話:03-6403-3140
Eメール:kwn-j@gg.jp.panasonic.com

ホットライン
◇メールサービス school@ourplanet-tv.org
◇ファックスサービス 03-3296-2730

―――――――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2009 Kid Witness News Japan.All Rights Reserved
―――――――――――――――――――――――――――――――――