環境にやさしく、 快適に暮らせるエネルギー社会に向けて

高い効率と省エネ性能を実現するクリーンエネルギーシステム

日々の暮らしを支えるエネルギー。環境問題に配慮しつつ、その恩恵を最大限に活用することが私たちの課題です。エネルギーの使用量を削減するだけではなく、効率良く快適に利用するための方法とは?

パナソニックは、住宅からビル、商業施設などを含めた空間全体まで、エネルギーを安全に届け、コントロールする技術やシステムの開発に取り組んでいます。

技術の進歩がもたらす、省エネと快適なくらし

エネルギーを効率良く使うには、まず家庭で使用しているエネルギーの量をリアルタイムに把握する必要があります。 近年普及が進んでいる電流センサーを内蔵した分電盤「スマートコスモ」は、家庭のエネルギー使用量を設備や家電ごとに計測することができる装置です。 使用したエネルギーの量や推移をデータおよびグラフとして確認できる「スマートHEMS」と組み合わせれば、省エネや節電をより効率的に行えるようになります。

また、スマートフォンのアプリを使って、外出先からでもエアコンやシャッターなどの管理を可能にしたり、省エネに関するアドバイスを受けたりと、最先端の技術を取り入れた新しい活用方法を進めています。

パナソニックでは、このようなエネルギーの使用量を管理するための技術やシステムを、省エネだけではなく快適な住まいの実現のために開発しています。

エネルギーをつくる・ためる・つかう

これまでの家庭での蓄電は、主に停電や災害などの際にバックアップ電源として利用する事が目的でした。 太陽光発電の技術普及が進み、家庭で使うエネルギーも自分たちで補う「自家消費型」に移行しつつある現在、蓄電を日常的に利用することが効率的です。

そこでパナソニックでは、状況に応じて電気を創電、蓄電できる「創蓄連携システム」を業界に先がけて開発。 創った電気を効率良く変換できるパワーコンディショナをはじめ、電気の使用量にあわせて供給をコントロールするシステムです。 それら技術を活用することで、今後は家庭内だけでなく街全体でエネルギーを自活し使用できる「蓄電池のネットワーク化」などを推進していきます。

FujisawaSST

住まいのエネルギーマネジメント

エネルギー使用量に対して自給率が低い日本では、エネルギー問題の解決が長年の課題となっています。住宅業界全体においても、自家発電で消費電力をまかなう「ネットゼロエネルギーハウス(ZEH)」や「ネットゼロエネルギービル (ZEB)」を2030年までに標準化しようとする動きがあります。

パナソニックでは、分電盤や配線器具、家庭での創蓄電からHEMSまで幅広い商材をネットワーク化することでZEHの実現を図っています。さらに、高機能な断熱建材をはじめとする住宅全体のエネルギー効率を高める省エネ商品で、エネルギーを自活しながら、快適で安心に生活できる住環境の構築に取り組んでいきます。

世界から求められる技術とノウハウ

オーストラリアは住宅用太陽光発電の導入数が150万世帯と、世界で最も普及しています。普及しているがゆえに、インフラ面で送配電網への整備投資や電力需給の調整、サービス面で料金負担の均衡化など、新たな課題が見えてきました。

パナソニックはそんなオーストラリアで、政府や電力会社とタイアップした実証実験を進めています。電力会社のサーバーから各家庭の蓄電・発電機器を制御できるシステムを、すべてパナソニックが構築。 余剰電力の有効利用や分散型蓄電池の充放電制御など、ゼロ・エネルギーホームやスマートグリッド社会の布石ともなるシステムを世界に先駆けて提供しています。

現地規格に適合する海外認証も取得しているため、世界各地で応用することが可能です。各国政府や電力会社と協力体制を組みながら、高度な技術やノウハウを世界に広げ、将来のエネルギー社会を支えていきます。

パナソニックはこれまで蓄積してきた技術や経験をもとに、環境にやさしくクリーンなエネルギーシステムを構築することで、世界中の人々がこれからも快適に暮らせる社会の実現に取り組んでいきます。

パナソニックの純水素燃料電池 最新情報 #エコプロ2016

住宅・その他の事例

幅広い設備とサービスを取り揃え、 様々なニーズを応える住まいづくり。

世界の高齢化社会に向けて、高齢者の 安全で自立した暮らしを支えるエイジ フリー。