出前授業 大百科 第2回 出前授業の良さとは?

出前授業に出たいと父兄の方からの相談も。
子どもたちが楽しそうと関心が高まっていますが、ご家庭向けには別の取り組みをおすすめします。

出前授業に親子で参加するにはどうすれば良い?

出前授業 大百科

■ 出前授業に親子で参加するにはどうすれば良い?
子どもたちが出前授業を受けてきて、とても楽しそうに話してくれたので...と、出前授業に出てみたい父兄が増えているようです。 でも、出前授業は社会人講師が学校に行き、先生と協力しながら単元のねらいを発展させるもの。何と言ってもそれは「授業」なのです。これは実際には親子で体験というわけにはいきません。
次世代を担う子どもたちは多様な集団の中で豊かに形成されていってもらいたいもの。もちろん家庭での取り組みも大切なものと位置づけて、さまざまな機会をご準備しています。ぜひ親子で取り組めるプログラムにご参加いただいて、子どもたちと一緒に成長する気持ちで取り組んでみてください。
校外体験学習というプロジェクトでは、「環境プログラム in 篠山」といったプログラムを実施しています。里山編では「食・農・自然」をテーマに親子でできる環境体験学習を全5回シリーズで実施。日々の暮らしをとらえなおす「気づきの機会」を提供しています。

■ 幅広い施設で環境・理数・歴史まで体験
山の中に入らなくても親子で環境について考えたり、一緒にさまざまな体験を通して貴重な学びの機会を提供する試みも広がっています。
パナソニックセンター東京やパナソニックセンター大阪では、環境についてさまざまな体験ができる施設が待っています。その他にもパナソニックエコテクノロジーセンター、エコアイディア工場びわ湖など、親子で出かけていただきたい施設をご用意しています。
環境学習ばかりではありません。「リスーピア」は理科と算数・数学をテーマにした数少ない体験型のミュージアム。自然の中に隠されている数学的な美しさを感じたり、暮らしの中に生きている理科の面白さを体験できるプログラムが満載です。
歴史を味わうなら「パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館」へ。夏休みには「家電製品のあゆみ」をテーマにした特別展示も開催しています。
パナソニックは幅広い場を通じて子どもたちの能力と可能性を引き出す、次世代育成支援に取り組んでいます。

出前授業って何だろう? 自分の学校にも来てほしい!と思ったら

「出前授業」とは、パナソニックが次世代を担う子どもたちを育成・支援する活動の一環として行っている出張授業です。
企業が学校と協力し生徒たちと充実した授業を作り上げていく出前授業。環境やエネルギーについてご一緒に考えていきませんか?
以下のような多彩なプログラムをご用意しています。

お問い合わせ

<出前授業のお問合せ・お申し込みについて>

出前授業へのお問い合わせ・お申し込みについては
右のボタンをクリックし、お問い合わせのページからお願いします。