オリンピックとパラリンピックをテーマにした校外学習なら
パナソニックセンター東京がおすすめです!

施設見学

オリンピックとパラリンピックについて、一人ひとりが考え、行動するアクティブな学びの場
「平和」「相互理解」など8つのテーマを手掛かりに、自らオリンピックとパラリンピックについて学ぶことができる体験型の展示施設です。

オリエンテーション

アクティブラーニング・ツリー

トリビアボード

ツールガレージ

Go to 2020

キュリアス ライブラリー

ガイドツアー

スポーツだけではないオリンピックやパラリンピックについて楽しく学んでみませんか。

各回定員 15名

所要時間 約15分

ワークショップ

学校向けワークショップもご用意しております。

トーチの花を咲かせよう!!~平和への願いを込めて~

各回定員 20名

推奨 小学校1年生~6年生

所要時間 30分

オリンピックはなぜ平和の祭典といわれているのでしょうか。開会式、聖火について映像を見ながら学び、最後にみなさんそれぞれの平和の願いをこめたトーチ作りを行います。オリンピックの開会式の見方が変わるかも?工作物はお持ち帰りいただけます。

ボッチャでパラリンピックを楽しく学ぼう!

各回定員 12名

推奨 小学校1年生~6年生

所要時間 30分

パラリンピックの種目のひとつで、重度の障がいがある人でもできるように考案された球技「ボッチャ」。カーリングに似た競技です。みんなでボッチャを体験しながら、パラリンピックについて楽しく学びませんか。

応援の声

長野オリンピックミュージアム 株式会社エムウェーブ 代表取締役社長
土屋 龍一郎

1998年に日本で2回目の冬季オリンピックを開催した長野市では、市民とオリンピックのつながりの為に「一校一国運動」を実施しました。小中学校がオリンピックに参加するそれぞれの国と結びつくことにより、その国の言語・文化を学び、オリンピック開催時には日本の文化や長野のことを伝える交流をいたしました。このことについては市民全体のオリンピックとのつながりにも大きな影響を与えました。さらにこの「一校一国運動」はオリンピック終了後も引き継がれ、今でも交流を続けている学校もあります。2020年の東京大会においてもこのような交流が行われますよう、長野からもパナソニックの取組を応援したいと思います。

パナソニックセンター東京 その他の教育施設のご紹介

リスピア RiSuPia Panasonic Digital Network Museum リスピア RiSuPia Panasonic Digital Network Museum

「リスーピア」は、理科と数学(算数)を遊び感覚で楽しめる、体感型ミュージアムです。

2F クエストフロア 2F クエストフロア

五感に訴える展示で、原理・法則を楽しく学べます。

ケプラーの法則

3F ディスカバリーフィールド 3F ディスカバリーフィールド

全身を使って、楽しい理数の世界へ飛び込もう。

マジカルパフォーマンスシアター

パナソニックセンター東京での施設見学・ワークショップのお申し込み

アクティブラーニングキャンプおよびリスーピアはパナソニックセンター東京内の施設です。

■開館時間: 10:00~18:00(リスーピア最終入場は17:00まで)
■休館日: 月曜日・年末年始  ※都合により営業時間の変更や、臨時休館とさせて頂く場合がございます。
■施設利用: 無料 ※リスーピア3Fは有料500円(高校生以下無料)
■駐車場: 無料(要予約) ※ご利用予定の方は、空き状況をご確認ください。

見学予約に関してのご不明な点は、お電話にてご連絡ください。

TEL:03-3599-2600

■受付時間: 10:00~18:00
■休館日: 月曜日・年末年始 ※都合により営業時間の変更や、臨時休館とさせて頂く場合がございます。