第2部 パネルディスカッション

なぜ、今オリンピック・パラリンピック教育なのか? ~子供たちのキャリア形成に役立てるための教育のあり方について~

第2部 パネルディスカッション

なぜ、今オリンピック・パラリンピック教育なのか? ~子供たちのキャリア形成に役立てるための教育のあり方について~

パネルディスカッション 登壇者プロフィール

朝原 宣治 氏 大阪ガス株式会社 元陸上競技選手 北京オリンピック銅メダリスト 陸上競技クラブ「NOBY T&F CLUB」の主宰者スポーツを通した次世代育成を実施 文部科学省 オリンピック・パラリンピック教育に関する有識者会議委員
松田 芳明 氏 渋谷区立広尾中学校 校長 東京都 教育委員会オリンピック・パラリンピック教育推進校として、福祉・国際理解・経済をテーマに地域や企業と連携した取り組みを展開
真田 久 氏 筑波大学教授 体育専門学群長 東京都、文部科学省、組織委員会が設置するオリンピック・パラリンピック教育に関する各有識者会議にて座長、委員を務める 日本のオリンピック・パラリンピック教育研究の第一人者
福田 里香 氏 パナソニック株式会社 CSR・社会文化部 部長 キャリアや環境を題材とした出前授業による次世代育成支援や途上国・新興国の無電化地域へあかりを届けるプロジェクトなど、企業の立場から社会貢献活動を推進
コーディネーター 若江 眞紀 氏 株式会社キャリアリンク 代表取締役 文部科学省中央教育審議会委員(初等中等教育分科会、教員養成部会、教育課程部会生涯学習分科会) 企業と学校の架け橋として、様々な次世代教育支援活動を展開

オリンピック・パラリンピック教育に求められていること。そして、教育現場での実践内容とは。

オリンピック・パラリンピック教育に求められていること。そして、教育現場での実践内容とは。

若江氏 : まずは筑波大学の真田先生、オリンピック・パラリンピック教育とはどういうことなのかを紐解いていただき、日本のオリンピック・パラリンピック教育がどこに向かおうとしているのかお聞かせください。

真田氏 : 実は、日本のオリンピック・パラリンピック教育には、世界からの期待がかかっているのです。遡って考えますと1964年の東京オリンピックにおいて世界で初めてのオリンピック学習が日本で行われ、1998年の長野大会では“1校1国運動*”が誕生、この教育はその後のオリンピック・パラリンピック開催地にずっと伝承され続けています。今回も教育を大事にしている日本が何らかの発信をしてくれるのではないかと、世界の教育者が待っているということであります。
また、いま、国際オリンピック委員会(IOC)や国際パラリンピック委員会(IPC)が、どういう教育を望んでいるかといいますと、オリンピックの3つの価値Excellence(卓越)Friendship(友情)Respect(尊敬)と、パラリンピックの4つの価値Determination(決断・決意)Courage(勇気)Equality(公平・平等)Inspiration(鼓舞・激励)を子供たちに伝えていこうとしている事です。私たちもそれを踏まえた上でオリンピック・パラリンピック教育を考えていく必要があります。

若江氏 : 日本のオリンピック・パラリンピック教育に世界が期待しているということですが、すでに様々な取り組みをされている広尾中学校の松田校長先生、お話をお聞かせください。

松田氏 : 本校は東京都のオリンピック・パラリンピック教育推進校として、3つの柱を軸に教育に取り組んでいます。ひとつは“留学生との交流、国際理解教育”です。
広尾中学校のすぐ隣には國學院大學がありまして、目の前が国際交流科です。留学生との交流は以前から年間に1回のペースで行っていたのですが、そこを改善していって、オリンピック・パラリンピック教育につなげています。
さらには“福祉教育”です。これもまた日赤広尾がすぐそばにありますし、日赤看護大学とか、総合福祉センターもあります。その支援を受けながら推進しています。
3つめは“都市開発の学習”です。広尾中学校のある渋谷は駅前を再開発しています。今度の東京大会を意識したものと、街づくり、その両方の視点で学びを進めています。
すべてにおいて広尾中学校のおかれた状況や環境を利用し、広尾中としての強みを活かした教育を展開しています。

*1校1国運動とはオリンピック開催地の学校が応援する国、地域を決め、文化や言葉を学び、その国の子供たちや選手らとの交流を通して異文化への理解を深める活動。

関連リンク

パナソニック
キッズスクール

こどもたちが“夢や未来”の可能性を発見し、自ら学び、生きる力を身につけるための学習素材や、学習テーマ発見のきっかけとなるコンテンツをご用意しています。

Sharing the Passion

パナソニックがオリンピックやパラリンピックのワールドワイドパートナーとして歩んできた想いやその歴史、そして大会を支えたさまざまなパナソニック商品をご紹介しています。

Beautiful JAPAN
towards 2020

東京オリンピックをめざす若きアスリートたちとともに、挑戦することや夢を追うことの素晴らしさ、そしてこの国の美しさを再発見していくプロジェクトサイトです。

Wonders! by Panasonic

住宅、社会、ビジネス、自動車など、さまざまな空間・領域において、これまでにないおどろきのある商品やサービスをお届けしていきます。