オリンピックとパラリンピックに関する
パナソニックの教育支援

オリンピックとパラリンピックを題材にした教育を考える
Terchers’セミナースペシャル

第2部 スペシャルセミナー バリアバリューから社会を変える ~皆が求めるユニバーサルマナー~

第2部スペシャルセミナー 『バリアバリューから社会を変える ~皆が求めるユニバーサルマナー~』

講師:岸田 ひろ実 氏
(株式会社ミライロ 講師 日本ユニバーサル協会講師)

写真:講師:岸田 ひろ実 氏 写真:講師:岸田 ひろ実 氏

プロフィール

知的障がいのある長男の出産、夫の突然死を経験した後、自身も2008年に急性大動脈解離の後遺症により下半身麻痺となる。
2011年より株式会社ミライロに入社し、講師として活動開始。
高齢者や障がい者への優しいおもてなしの指導やユニバーサルデザインの普及啓発の講演を、全国の企業・自治体・教育機関で年間約190回実施。自身の経験を活かし、障がいのある子どもの育て方のアドバイスや製品開発への参画、研修の企画など活動は多岐に渡る。

第2部で講演いただいた株式会社ミライロ 講師「岸田ひろ実」氏は、障がい者や高齢者への優しいおもてなし指導やユニバーサルデザインなどの普及啓発など年間190本を超える様々なテーマで研修講師として活躍していらっしゃいます。今回は、ご自身が経験された出来事を踏まえ「バリアバリュー」「ユニバーサルマナー」についてお話いただきました。

岸田氏はご自身の人生において、今までの価値観を大きく変える「知的障がいのある長男のご出産」「夫の突然死」「突然の車いす生活」 という3つの出来事を経験しました。それらの経験の中で得た考え方が「バリアバリュー」につながっていったとお話いただきました。

「バリアバリュー」とは障害(バリア)は取り除くべきものでなく、その違いを価値(バリュー)に変えていくという考え方です。岸田氏は突然の車いす生活を余儀無くされ、すべてを110cmの高さから見なくてはならなくなりましたが、それを「乗り越えるべきもの」と捉えず、その違いにより「自分だからこそ気づける、伝えられる」ことがあると捉えました。その「バリュー」をもって娘さんが仲間と立ち上げた株式会社ミライロの講師として活動するようになるまでの経緯を、ご自身の経験ならではの臨場感と説得力をもって伝えてくださいました。

後半ではワークを交えながら、 「ユニバーサルマナー」について理解を深めました。ペアワークで「スライドに映された絵画を、目を閉じたパートナーに言葉だけで説明してください」と指示された参加者はとらえどころのない絵を試行錯誤しながらパートナーに言葉として伝えていました。ユニバーサルマナーの「自分とは違う誰かのことを思いやり、適切な理解のもと、行動する」ということをこのワークを通して体感していました。

写真:岸田 ひろ実 氏 写真:岸田 ひろ実 氏
写真:スペシャルセミナーの様子1 写真:スペシャルセミナーの様子1
写真:スペシャルセミナーの様子2 写真:スペシャルセミナーの様子2
写真:スペシャルセミナーの様子3 写真:スペシャルセミナーの様子3