北海道・東北

NPO北海道市民環境ネットワーク主催
「ラブアース・クリーンアップin北海道」

「私たちの北海道を私たちの手で、世界一きれいな場所にする」という主旨に賛同し、恒例活動の「ごみ拾いビーチウォ-ク」に、北海道パナソニックファミリー会の従業員・ご家族は、松愛会北海道支部メンバーとともに毎年参加しています。

仙台市七北田川クリーン作戦

仙台地区では、仙台市環境局が推進する「仙台まち美化サポート・プログラム」に参画し、継続的に会社周辺の清掃活動を行っています。この活動は地元の河川に美しい自然とアユの棲む環境を取り戻すためのボランティア活動です。

関東・信越

「横浜・氷取沢市民の森」の森林保全活動

「氷取沢市民の森」は横浜市の南、広大な円海山緑地の8つの森の1つで、ホタルの幼虫が住める清流が残り、フクロウが住む自然豊かな森です。この活動は関東地区のパナソニックグループの森林ボランティア活動として2001年より開始しています。

「鶴見川鴨居高水敷」植生保全活動

この活動は神奈川県横浜治水事務所と県民が協働で行う鶴見川鴨居高水敷の植生保全事業の趣旨に賛同し、NPO法人鶴見川流域ネットワーキングとの連携で年4回以上行っています。オギなどの在来の貴重植物を保全するため、外来種の抑制を図る草取り、クリーンアップを実施しています。

北陸・東海

クリーンアップふくい大作戦 in 気比の松原

毎年6月に敦賀市・敦賀市民憲章推進会議が主催する日本三大松原の1つ「気比の松原」のクリーンアップ活動にパナソニック社員とその家族が参加し、海岸や松原の保全活動を実施しています。

静岡地区「クリーン作戦」

静岡地区事業場従業員、静岡ナショナル パナソニック会 会員とその家族が参加し、県下7地区同時に、海辺・周辺道路・公園等の清掃を行い地区への貢献及び各人の環境への意識の高揚を図っています。

「妙高エコ・トレッキング」活動に参加

新潟県妙高市では、妙高山麓一帯に広がる豊かな自然環境と自然が取り持つ資源を大切にしながら、将来にわたって安心して生命を育むことができる地域、「生命地域(バイオリージョン)」の構築を目指しており、その一環として、「妙高エコ・トレッキング」が開催されています。新井工場からは毎年参加し自然環境の大切さを実感しながら清掃作業を実施しています。

パナソニックエコシステムズ
春日井市ウォーク&クリーンフェスティバル

毎年1回、環境月間にちなみ、町全体でのウォーク&クリーン作戦を展開。従業員も住み良い町づくりの為に、環境美化活動に参画しています。

庄川クリーン作戦

毎年7月の第2日曜日に、庄川漁協と高岡南ライオンズクラブ主催で「庄川クリーン大作戦」が開催され、砺波工場より社員が参画し、河川敷のゴミを回収など地域での美化活動を実施しています。

関西

「ながきの森」植林ボランティア活動

本業で多くの森林資源を活用することから、2007年4月から10年間にわたり、“緑”への恩返しの活動として、和歌山県田辺市龍神村の20haに『森や生き物がいつまでも長生きするように』という想いで、「パナソニック・田辺龍神 ながきの森」と名づけ、毎年2ha、広葉樹を中心に約4,000本を植樹しています。

この活動は、龍神村森林組合や地元NPOの協力も得て、環境意識啓発としてパナソニックグループ従業員と家族、OBが、春に植林、秋に下草刈りにボランティアで取り組んでいます。

ビオトープ・自然共生ゾーン「ささやまの小さな自然」

2002年2月、松下電器労組(当時)が本部事務所(ミュープラザ)の移転に合わせ、自然を身近に実感し、環境への思いやりを育めるよう、21世紀の活動シンボルとして構内にビオトープを設置。テーマはパナソニックグループ労連休暇村「ユニトピアささやま(兵庫県篠山市)」付近の里山をイメージした「ささやまの小さな自然」。規模は約450m2(14m×35m)、周囲に雑木林を配し、上之池、下之池は小川でつながり流水環境を形成、その間に一之田、二之田、野原があり、小さいながら里山、田舎の田園風景を再現しています。

ヨシ刈り活動(西の湖)(BYOSクリーンネットワーク)

琵琶湖・西の湖のヨシ刈りを定期的に行い水質保全と生態系維持に努めています。

びわ湖エコアイディア倶楽部(BYOSクリーンネットワーク)

滋賀県草津市に拠点をおいて、びわ湖とその流域における「生態系の維持」「水質保全」を進める市民活動団体。

小泉川での環境活動(BYOSクリーンネットワーク)

長岡京市役所共催で開催される「ホタル観賞の夕べ」に協賛し、長岡地区の環境活動をPRしています。

長岡京竹林保全活動(BYOSクリーンネットワーク)

長岡京市 奥海印寺付近での竹林保全活動。竹林の間伐による森林整備を行っています。

堂の川清掃活動(BYOSクリーンネットワーク)

宇治市主催のクリーンアップ活動とあわせて実施しています。30年近く継続しています。

天の川を美しくする会(BYOSクリーンネットワーク)

天の川流域の水棲生物を観察し、天の川に豊富な生き物がいること、また川の状態が改善方向に向かっていることに気づいてもらい、川を大事にする心を養う活動を行っています。

芥川清掃活動(BYOSクリーンネットワーク)

鮎を戻そうという取組み「芥川グリーンクラブ」として実施されている清掃活動(市、ボランティア)に参加しています。

淀川・ワンド清掃活動(BYOSクリーンネットワーク)

淀川河川敷、ワンド内の外来種植物除去や清掃活動。「ねや川水辺クラブ」や「河川レンジャー」の活動に参加しています。

古川(砂子水路)浄化活動(BYOSクリーンネットワーク)

大阪府内のみどり百選にも選ばれた「砂子水路の桜」その水路での水質浄化活動に参加。「花だんごネットワーク」の活動に参画。

千里川清掃活動(BYOSクリーンネットワーク)

豊中市内に流れている千里川のゴミをなくし、子供達が自由に安心して遊べる川にすることを目的に毎年清掃ボランティアを行っています。「千里川を美しくする運動」に参加。

須磨海岸清掃活動(BYOSクリーンネットワーク)

毎年春には日本全国で、秋には世界中で一斉に実施される、環境保護キャンペーンです。「ビーチクリーンアップ関西事務局」主催の活動に参加。

アマフォレストの会(BYOSクリーンネットワーク)

尼崎の森中央緑地森づくりの市民団体「アマフォレストの会」に参加。種子から苗木を育て、植樹する。下草刈り作業等、「ちょっとボランティア」を推進しています。

堺市「共生の森」活動(BYOSクリーンネットワーク)

堺市 堺第7区 埋立地での植林活動。大阪府民環境会議(OPEN)の活動に参画しています。

ささやま森林保全活動(BYOSクリーンネットワーク)

兵庫・篠山市の会社施設「ユニトピアささやま」での森林保全や丹波竜の化石が発見された篠山川での竹林整備等の活動を行っています。

鶴見緑地での活動

緑地公園のクリーンアップと、自然観察や木っ端、木の実を使った自然工作体験を実施しています。

福知山毛原の森 森林保全活動

パナソニックフォトライティング労組・長田野支部は、福知山市で棚田百選にも選ばれた「毛原の森」森林保全活動を毎月第二土曜日に実施しています。地域会社と協働し、森林保全だけでなく、生態系保全活動も展開しています。

中国・四国

明神川を美しくする会(BYOSクリーンネットワーク)

愛媛県松山市「明神川を美しくする会」は、地域に流れている「明神川」を、EMによって水質浄化し、草刈り・ごみ拾いなどの愛護活動をしている環境NPO団体です。

石手川上流域植林保全活動(BYOSクリーンネットワーク)

石手川上流域において水源の森林(モリ)づくりを行っています。「松山市水源かん養林の森林ボランティア」の呼びかけに応じての植林活動。 "

宍道湖清掃活動

環境月間の6月、毎年実施される地域住民による「宍道湖一斉清掃」活動に、当社従業員も参画しています。

九州・沖縄

サンゴ礁保全活動

沖縄パナソニックファミリー会主催で2008年度から知念海岸や読谷海岸の海洋でサンゴ移植活動(移植は委託)とサンゴを移植する周辺海浜の清掃を行なっています。

「博多湾 松苗植樹」活動

はかた夢松原の会主催の博多湾に松苗を植樹する活動に、パナソニック コミュニケーションズ(株)、九州ナショナルパナソニック会の環境活動の一環として参加し、松苗を寄贈しています。

盲学校でのハーブガーデンづくり

盲学校の生徒達のために、盲学校内にハーブガーデンづくりを行う活動で今年で3年目となります。ハーブガーデンの香りで潤いある学校生活を送っていただくとともに、盲学校の生徒達に香りの知識を身につけてもらい、アロマセラピーなどの技能習得で個性ある人材育成への支援しています。

福岡事業場緑のカーテン運動

福岡市の呼びかけにより、「緑のカーテン」を広げる運動に参画ており、身近で手軽なLE活動として、多くの社員が水やり当番として参加して 約150のプランタンにゴーヤや朝顔を育てています。この緑のカーテンにより、冷房効果を助成し、省エネによる社内のCO2削減に貢献ができています。

佐土原町海岸一帯清掃活動

パナソニックCC宮崎(株)は、宮崎市佐土原町にて地域社会に根ざした環境活動の取り組みとして、宮崎県主催の「クリーンアップ宮崎」に積極的に参加しています。従業員とその家族約700名が参加して、早朝から約1時間半かけて、海岸やその周辺の林、道路を清掃。集まったゴミの量は約2トン、車4台分にもなりました。

広域

BYOSクリーンネットワーク

BYOS Clean Network

BYOSクリーンネットワークとは、琵琶湖(B) 淀川(Y) 大阪湾(O) 瀬戸内海(S)の水質保全、生態系維持をめざす環境保全推進ネットワークで、パナソニックグループの従業員や家族、労働組合を中心に地域の「水を守る」活動を推進しています。
従業員のみになりがちであった従来の活動を、地方自治体やNPOとも協働し、地域の皆様と連携しながら取り組みを展開、拡大することを目指しています。

全国水環境マップ実行委員会が行っている「身近な水環境の一斉調査」にBYOSクリーンネットワークの団体も参加しました。 BYOSクリーンネットワークの活動目的である水を通じて「活動をつなぐ」という考えと、身近な水環境の一斉調査」の市民の水環境に関する理解と関心、流域の連携などを深めることと通じていると判断しました。調査箇所は琵琶湖・淀川・大阪湾・瀬戸内海を中心に105箇所です。参加者の方々からも、「来年も参加したい。」「子どもと調査して身近な自然に接したのが楽しかった」「思った以上に水が汚れていた」等、色々な意見がありました。