これまでの歩み

パナソニックの企業市民としての社会貢献活動の歴史は古く、1960年代にさかのぼります。以来、今日にいたるまで、より良き社会づくりに向けて、グローバルに、さまざまな活動を展開してきました。

主な受賞歴

(社)企業メセナ協議会より:

グローブ座への支援で「メセナ賞」(1993年)
阪神アートプロジェクトへの支援で「メセナ企画賞」(1997年)
PMF(パシフィック ミュージック フェスティバル)への協賛で「メセナ育成賞」(1999年)
子供のためのシェイクスピア公演シリーズの開催でメセナアワード2004「児童文化賞」(2004年)

朝日新聞文化財団より:

企業の社会貢献度「大賞」(1996年)
企業の社会貢献度「障害者雇用賞」(1997年)

厚生労働省より:

手話通訳士試験支援で「厚生労働大臣賞」(2003年)

キッズデザイン協議会より:

KWNで第1回キッズデザイン賞(2007年)

NPO)パートナーシップ・サポートセンターより:

NPO)地球と未来の環境基金との「環境NPOの組織基盤強化支援事業」に対し、「第6回パートナーシップ賞」を受賞(2008年)

兵庫県社会福祉協議会より:

NPOたかとりコミュニティーセンターとの協働事業に対し「企業・NPO協働奨励賞」(2008年)

これまでの歩み

(財)霊山顕彰会の設立(明治維新志士の顕彰)
金龍山浅草寺の雷門および大提灯の建設寄贈
(社)日本工芸会支援
大阪駅前に歩道橋を寄贈
創業50周年「児童の交通等災害防止対策資金」寄贈

タイムカプセルEXPO'70の制作・埋設
創業55周年記念「社会福祉対策資金」寄贈
重度身体障害者工場の設立支援
(和歌山県・琴の浦リハビリテーションセンター 福祉工場)
(財)松下視聴覚教育研究財団の設立
(財)松下政経塾の設立
(財)神道体系編纂会設立支援
マサチューセッツ工科大学「松下教授職」の設置(米国)

福祉工場の設立(岡山県・吉備松下)
福祉工場の設立(大阪府・交野松下)
(財)国際科学技術財団の創設
(財)松下国際財団の設立
「パナソニック財団」の設立(米国)
ハーバード大学ビジネススクール「松下幸之助教授職」の設置(米国)
スタンフォード大学ビジネススクール「松下幸之助教授職」の設置(米国)
「パナソニック教育基金」の創設(英国)
ゴーベル教育財団「経営教育センター」の設立(インドネシア)
松下文教基金会を設立(台湾)
技能トレーニングセンターの設立(タンザニア)

(財)松下幸之助花の万博記念財団の設立
創業80周年記念「パナソニック スカラシップ」奨学助成金制度創設
創業80周年記念「松下アジア スカラシップ」奨学助成金制度創設
「子どものためのシェイクスピア」公演支援
ツイン21チャリティーコンサートの主催
癒しの芸術「フィーリングアーツ」支援
ニューヨーク シンフォニック アンサンブル(NYSE)公演の主催
パシフィック ミュージック フェスティバル(PMF)支援
国際こども平和壁画展「キッズ ゲルニカ」支援
松下電器ハートフルメセナ基金の創設
社員・OB対象の「ボランティア活動資金支援制度」創設
慶應義塾大学ビジネススクール「松下幸之助教授職」の設置
ペンシルバニア大学ウォートンスクール「松下教授職」の設置(米国)
「パナソニック キッド ウィットネス ニュース」の実施(米国)
北京大学・復旦大学視聴覚教育システム機器寄贈(中国)
復旦大学「松下講座」の開設(中国)
「松下電器育英基金」の設置(中国)
東京グローブ座支援
インターネット上の現代美術ギャラリー「TOWN ART GALLERY」の運営
松下スポーツセンターの設立(マレーシア)
岡山吉備高原車いすロードレースの運営協力
「手話通訳士試験」会場および機材の支援
KIDS TDL(東京ディズニーランド)のプロジェクト支援
松下グリーンボランティア倶楽部の設立

「子ども・環境 サポーターズ☆マッチング基金」2001年 創設
2006年名称変更 「Panasonic NPO サポートファンド」
OBPアーツ プロジェクトの実施
子ども向けワークショップ「パナソニックわくわく体験ディスカバリー」実施
WWF黄海エコリージョン支援プロジェクト スタート
出前授業 開始(環境教育、キャリア教育、理数教育)
TABLE FOR TWO (TFT)
Panasonic Innovation ワークショップ
Panasonic Innovation Volunteer(PIVoT)
Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム
Panasonic NPOサポートファンド for アフリカ
ソーラーランタン10万台プロジェクト