2000年代の代表的な活動

「子ども・環境 サポーターズ☆マッチング基金」を2001年に創設 2006年「Panasonic NPO サポートファンド」に名称変更

NPO・NGOの運営基盤強化と事業の質的向上、および日本における寄付文化の創造を目的とし、2001年「Panasonic サポーターズ☆マッチング基金」を創設。2006年、名称を「Panasonic NPOサポート ファンド」に改め、子ども分野と環境分野で社会課題の解決に向け活動する団体が、安定した活動を継続できるように、団体の基盤強化を資金面で支援するとともに、事業相談に応じたり、ノウハウシェアリングの場を提供するなど総合的な支援をしています。

OBPアーツ プロジェクトの実施

大阪ビジネスパーク(OBP) 地区にて、「アートを通じて、ビジネス街での世代を超えたコミュニケーション」を目的としてスタートしたプロジェクトに、メセナ活動の一環として、企画・運営に参画しました。プロジェクトでは、主に芸術系大学生に対して、芸術イベントの企画・運営、表現場所の提供、資金面での支援などを行っていくプロジェクトで、2001年10月より2005年12月まで実施しました。

子ども向けワークショップ「パナソニックわくわく体験ディスカバリー」実施

伝統工芸編

環境演劇

第一線で活躍中の講師の方々のお話を聞き、本物の芸術文化に触れながら、オリジナルな作品を自ら創作することを通じて、子どもたちが深い感動を味わい、忘れられない体験をしていただくことを目的として、子どもや親子を対象にした芸術文化体験の伝統工芸や演劇等ワークショップを2004~2008年に実施しました。

WWF黄海エコリージョン支援プロジェクトのスタート

中国での共同宣言書調印の様子

2007年9月、世界最大の自然保護NGOであるWWF(世界自然保護基金)と、黄海の海洋生態系の保全を目指す「黄海エコリージョン支援プロジェクト」を推進することに同意。この地域の適切な保全と管理を目指し、WWFの国際企業パートナースキームであるコーポレートサポーターとして、支援を決定。12月に初年度の助成団体(中国5団体、韓国3団体)を選定し、本格的な活動をスタート。

本業のノウハウを活かした「出前授業」を開始

2007年、教育支援の取り組みのひとつとして、社員自らが学校を訪問し、普段の業務で身に付けたノウハウや経験を活かして授業を行う「出前授業」を開始。地球温暖化に対して関心をもち、貢献する態度を喚起する「環境教育」。モノづくりにたずさわる人々の姿を通して、働くことの意義と使命感、またそれが生きがいにつながることを伝える「キャリア教育」。手作りでの乾電池作成、自転車の組み立てなど実際のモノづくりを通じて、理数に関する興味と知識を育む「理数教育」を実施。 また、「環境・モノづくりDVD」教材を開発し、教育現場へ提供しました。

TABLE FOR TWO (TFT)

TFTとは、NPO法人TABLE FOR TWO(TFT)が飢餓・栄養不足に悩む途上国と、生活習慣病・肥満に悩む先進国の「食の不均衡」の解消を目指した社会貢献活動です。当社グループでは、2009年8月より参加しています。 具体的には、食堂において提供されるヘルシーメニューや募金により、アフリカ諸国の子どもたちの給食一食分に相当する約20円程度が寄付されます。

Panasonic Innovation ワークショップ

新興国・途上国の低所得者層(BOP層)の抱える課題を理解し、事業を通じて持続可能な発展に貢献したいと思っている社員を対象に、2012年5月より「BOP課題解決ワークショップ」を実施しています。内容は、現地でさまざまな課題に日々取り組んでいるNGOのスタッフ等を講師に迎え、日本で把握しにくい現場の課題やニーズ、更には実践的な課題解決のアプローチを学び提案する、というものです。2013年8月の第3期より「Panasonic Innovation ワークショツプ」と名称を変更し、BOPだけでなく新興国、発展途上国全体の課題をテーマに活動を継続しています。

Panasonic Innovation Volunteer(PIVoT)

PIVoTは2012年3月にスタートした新興国で活動するNGOを支援するプロボノプログラムです。本プログラムでは、当社社員がボランティアとして、チャレンジ休暇などの長期休暇を使って、新興国のNGOや社会的企業が直面している様々な課題に、現地で一緒になって解決に取組みます。この活動を通じて地域社会に貢献すると同時に、現地の生活文化や様々な社会課題、持続可能なライフスタイルについて深く学び、私たちの製品作りやマーケティングに活かしていきます。

Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム

社員の仕事のスキルや経験を活用してNPOを支援する社会貢献活動として2011年4月から実施しています。 パナソニックグループ社員の仕事で培ったスキルや経験をさらに広く社会の中でお役に立て、社会課題の解決に取り組むNPOの事業展開力の強化を応援し、NPOの活動がさらに大きな成果をあげることを目指しています。 また、社員が社会課題の解決に取り組む現場に参加し気づきを得ることで、地球規模の課題の解決に向けて市民として考え行動できるよう、地球市民力の向上も目指します。Panasonic NPOサポート ファンドで助成した団体を中心に応援しています。

Panasonic NPOサポートファンド for アフリカ

2010年より、アフリカ諸国への支援を通じてグローバル企業としての責務を果たし、国際社会の公約である国連ミレニアム開発目標(MDGs)の達成に向けた一助とすべく、アフリカで活動するNPO/NGOの広報基盤を強化するプログラム「Panasonic NPOサポートファンド for アフリカ」を開始しました。これは、持続可能な社会の実現を目指し、日本国内に本拠を置きアフリカで様々な活動を行っているNPO/NGOの「広報基盤の強化」を支援するものです。団体の活動や現地の状況を多くの人に広くお伝えして、理解を深めてもらう広報活動の継続的な展開は、会員・支援者の拡大や財源の強化などに繋がり、組織基盤強化に資するものとなります。

ソーラーランタン10万台プロジェクト

本業の技術・製品を活かして、新興国・途上国の無電化地域におけるさまざまな社会課題解決に寄与することを目指す企業市民活動の取組みとして、2013年2月、ミャンマー向け3,000台寄贈を皮切りに本プロジェクトを開始しました。タンザニア(2011年4月)やカンボジア(2012年3月)への寄贈の経験からソーラーランタンの有効性を確信し、改めて実施期間を2012年度から2018年度までとするプロジェクトとして始めたもので、この期間に合計10万台の寄贈を目指します。寄贈相手先はNPO/NGO、人道支援機関、社会的企業、国際機関などです。本プロジェクトの推進が国連ミレニアム開発目標(MDGs)達成の一助となることを目指しています。