出前授業で学校にうかがって、やっぱり一番楽しいのは子どもたちの目が輝き出す瞬間です。講師が面白いことを言ったから笑うというのとは全く違って、児童たち自身の中から出てくる光なのだと思います。

小学校なら出前授業の時間はわずか45分間。これを最大限に生かすためには、事前の準備がとても大切です。先生がたの巧さと企業講師の素材ががっちり組み合わさって、子どもたちの関心を引き出すノウハウとは?

児童生徒たちの興味が広がった出前授業の、次の授業は先生がたの腕の見せ所と言えるかもしれません。うまくその興味を受け止めながら学習成果をより深くし、自分でどんどん調べだすような授業にしていきしょう。

「出前授業は楽しい」という印象があるため、父兄の方から「出前授業に参加できませんか」といった声をいただくことがあります。学校と家庭、うまく役割分担して子どもたちの可能性をさらに広げたいものです。

お問い合わせ
<出前授業のお問い合わせ・お申し込みについて>
出前授業へのお問い合わせ・お申し込みについては、下記のお問い合わせのページからお願いします。