昔は、パンや織物(おりもの)などをつくるのに、人の手で少しずつつくっていましたが、1800 年以降(いこう)、工場で機械と燃料(ねんりょう)を使って、たくさんつくるようになりました。工場では石炭や石油などの燃料を燃(も)やすときに、二酸化炭素を発生させます。そのため、大気中の二酸化炭素が地球のまわりを取り囲み、地球の熱を宇宙(うちゅう)に放出しにくくなり、地球を温めてしまったのです。