残り湯を洗濯に使うことで、節水になります。シャワーを使う時間を短くすれば、節水はもちろん、お湯を温めるための電気やガスの使用量を減(へ)らすことができます。
またおふろにふたをすると、お湯が冷めにくく、沸(わ)かしなおす電気やガスを節約できます。