二槽(にそう)式洗濯(せんたく)機が登場する前は、2本のローラーで洗濯物をはさんで脱水(だっすい)する仕組みでしたが、生地を傷(いた)めたり、ボタンを壊(こわ)してしまうこともありました。
二槽式洗濯機の脱水機は、筒(つつ)が速いスピードで回転して、衣類の水分を筒の穴(あな)から外へ飛ばします。この方法は遠心力という作用を利用しています。現在(げんざい)の全自動洗濯機やドラム式洗濯機の脱水方式にもいかされています。