1970年代の日本は高度経済(けいざい)成長の時代で、家電製品(せいひん)が普及(ふきゅう)・発展(はってん)しました。なかでも、カラーテレビ(Color TV)、クーラー(Cooler)、カー(Car)は3Cとよばれ、当時の人々にとってのあこがれでした。