自分でも発電できますか?

もちろんできる。発電の仕組みのページで見たように、金属(きんぞく)の線をぐるぐる巻いたコイルの回りで、磁石(じしゃく)を回してやると電気が起こるんだから。

考え方は図のような形。磁石をコイルにかぶせて、これをぐるぐる回すんだ。手で回すと電気が起こる。速く回すと強い電気になる。だけどずっと回しておくのは大変だね。

みんなが毎日ぐるぐる回しているものって何かないかな? たとえば、自転車のタイヤとかだね。夜に自転車で走る時、タイヤの回転を利用してライトをつける。あれがちょうどこの発電になっているんだ。

磁みんなが毎日ぐるぐる回しているものって何かないかな? たとえば、自転車のタイヤとかだね。夜に自転車で走る時、タイヤの回転を利用してライトをつける。あれがちょうどこの発電になっているんだ。

タイヤに発電機のローラーをくっつけると、タイヤの回転がローラーを通してコイルに伝えられる。それで生まれた電気でライトが光るんだね。タイヤにローラーがくっついているから、いつもよりペダルをこぐのが重く感じられる。一生懸命(けんめい)にこぐと、より電気が強くなって、ライトも明るくなる。分かりやすいね! こういう仕組みで発電する小さな装置(そうち)は「ダイナモ」と呼ばれている。

たくさんの石油を燃やしたり大きなダムを作ったりするより自然に優(やさ)しいから、こうした電気の作り方を広めようということで、街角で自転車をこいでテレビをつけて見せてくれる人たちもいるよ。

ダイナモを使った発電が身近なところに使われているもう1つの例として、ダイナモ式の懐中電灯(かいちゅうでんとう)がある。これはハンドルをぎゅっぎゅっと何度もにぎると、それで回転が生まれてライトがつく仕組みだ。ずっと明るくしておくには手がくたびれるけど、地震などで電気が止まってしまった時にはとても便利なものだね。

家庭用の風力発電機も売り出されているから、だんだん見かけるようになるだろう。

また、夜店や屋台などでは、自動車のエンジンみたいな機械でコイルを回して発電し、電気をつけたりしているよ。今度お祭りの時に見てみよう。