青空や夕焼けは光が作ってる
     
晴れた日の空は青い色、朝やけと夕焼けは赤い色。この空の色はどうして変わるんだろう。朝と夕方は、太陽が低いところにあって、斜(なな)めから光がやって来るよね。これが朝焼け夕焼けのできる訳(わけ)。

空気の中には目に見えない程(ほど)小さなちりや水の粒(つぶ)が浮(う)かんでいる。これにぶつかると、光の中の青い色が先に飛び散るんだ。昼間は太陽の光が真上から差し込(こ)むので、先に散らばった青い光だけが目に見える。太陽が地面に半分隠(かく)れるような朝や夕方はどうだろう。太陽はずっと遠くにあって、光が斜めから差し込む。するとたくさんの空気の中を通り抜(ぬ)けてやっと届(とど)くから、早く散らばってしまう青色はもう見えなくなっている。飛び散るのが遅(おそ)い赤い光だけが見えるんだね。