お湯に手を入れると「熱い」と感じるのはなぜ?

熱湯に手を入れるとすごく熱い。熱いと感じたらすぐに手を引っ込(こ)めないと、やけどしてしまう。ところで、皮膚(ひふ)が熱いと感じるのはどうしてなんだろう。

水は水分子という小さな粒(つぶ)が集まってできていて、その粒はいつも休むことなく動いている。水は熱くなると、分子の動きが速くなるんだ。水分子がすごいスピードで動き回っているところに手を入れたらどうなると思う? そう、手に思いきり水分子が当たって痛(いた)い。それが「熱い」と感じられるんだ。水分子のスピードが遅(おそ)い水やぬるま湯なら、当たっても熱く感じない。