データを速く送れる光ファイバーって何?
   
今、みんなのパソコンでインターネットをする時は、たいてい電話線やケーブルテレビ線などの、金属(きんぞく)の線を使っている。でも、最近はそういった金属の線に電気を流してデータを運ぶより、もっと速く大きなデータを運べる線が登場したんだよ。それが光ファイバーだ。

光ファイバーはとても細いガラスの糸が何本も重ねられてできている。そこに光を通すと、普通(ふつう)はまっすぐにしか進まない光が、線に沿(そ)って曲がりながら進むこともできる。そこにデータを乗せて運べばインターネットで見たい画面もすぐにやって来る。電気より光の方が進むのは速いから、データが来るのも速いんだね。