型紙や説明図のファイルを見るためにはAdobe社の「Adobe Reader」が必要になります。
必要な方はこちらからダウンロードしてください。

組み上がった部品を本体に取り付けていきます。(1)は取り付ける向きに気をつけましょう。

のりしろをガイドにして取り付けます。

(8)~(14)のツマミ部品を取り付けると、より立体感をだすことができます。

完成!