これは1950年ごろの家の中。今とはどこが違うか調べてみよう
1950年ごろの「洗濯」は?

このころに電気洗濯機が発売されたんだけど、やっぱり値段(ねだん)が高くて買えない家がほとんど。じゃあ洗濯はどうしていたかというと、大きな「たらい」と「洗濯板」を使ってお母さんが1つ1つ手で洗(あら)っていたんだ。「たらい」は木やブリキという金属(きんぞく)でできた大きな洗面器みたいなもの。洗濯板は表面にでこぼこやぎざぎざをつけた木の板。それに洗濯物をこすりつけてきれいにしていたんだ。

洗濯機(1951年)
洗濯機(1954年)